アジア・オセアニア タイ

【レビュー】タイ チャーンビール:味の特徴とこんなひとにオススメ!

ROCK

1985年長野県生まれ これまで51か国を訪問 これまで飲んだ海外ビールブランドは200種類以上 日本ビール検定2・3級取得者 海外文化の魅力を発信するため、ブログ・動画にて活動中。平日はメーカー営業マン。将来の目標は、ファントムブルワリーとして日本×海外をテーマにしたビールブランドを立ち上げること。

このビールはこんな感じ!

  • ふくよかで甘みが強く満腹感を得られるタイブランド!
  • 「コクや飲みごたえ!」重視のひとにおススメ
  • 「独特のクセがあるため」飲むひとを選ぶ
  • タイ国民に愛される庶民派ブランド

สวัสดี ครับ/ค่ะ!(サワディー クラッ(プ) / カー)

本日の一杯はラベルの象さんが可愛らしいタイのビール「チャーン」をご紹介します。

 

ROCK
ひとくち飲めば、タイに訪れたような気分に!

 

チャーン 基本スペックとおススメできるひと

価格帯    

 ☆  日本のプレミアムビールと同等

入手難易度

 ☆☆ スーパー・コンビニで入手可能

アルコール度 

 5.0%

タイプ    

 ピルスナー

チャーンの味わい

  • 強いカラメル臭
  • 苦味はほのかで、コメと麦の合わさった甘味が強い
  • 穀物のふっくら感を存分に感じる

テイスト分布図

参考

数値について

▶あっさり:2.5 ☞適度に

▶濃厚さ :2.5 ☞適度に

▶苦み  :2.0 ☞おだやか

▶酸味  :2.0 ☞おだやか

▶甘み  :4.0 ☞かなり甘め

こんな方におすすめ

  • 甘みのあるビールが好きなひと
  • タイ文化が好きなひと

こんなシチュエーションで

  • タイ料理といっしょに
  • 氷を入れて現地風の飲み方で楽しむ

※アジア諸国12か国の海外ビールをまとめて紹介しています👇

甘味が強いのでそのまま飲んで楽しむorタイ料理といっしょに!【チャーン】

「チャーン」という可愛い語感(タイ語で象という意味)と白い象さんのシンボルで個人的に大好きなビールブランド。

 

日本の大衆ビールと同じビールスタイル【ピルスナー】に該当します。

しかしながら、その味わいは日本のビールとまったく違ってかなり個性的。

 

副原料におコメも使っているためか、穀物の甘味がかなり強く感じられ

 

ビール単体だけでも、十分ボリュームを感じるつくりになっています。

 

そのため、甘めのビールが好きな傾向のひとに適したビールといえます
さっぱりが好きなひとは同国のシンハーがおススメ

ビールだけだと、すぐに酔ってしまう!というひとには

 

タイ料理のようなエスニック系フードといっしょに楽しむのが良いでしょう。

 

その土地の飲み物と食べ物は相性バツグンです。

 

もしくは、氷を入れて飲む方法もあります。

 

タイなどの東南アジア諸国では、ビールに氷をぶち込んで飲むスタイルがよく見かけられます。

氷を入れることで、ちょうど良い感じに薄まるのでとても飲みやすい。

 

日本だと【邪道】ともとれる方法ではありますが、現地の飲み方で楽しんでみるのも面白いですよ!

 

ROCK
道端で営業している屋台でよく飲んでました

※そもそもビールの種類や原材料についてよく分からない!というひとにおススメの記事

【ビールの知識シリーズ①】ビールの種類は2つ覚えればOK!わかりやすく解説します!

続きを見る

【ビールの知識シリーズ②】原料・副原料のことを知ってビールをもっと楽しもう!

続きを見る

海外酒に強いリカーショップでかんたんに入手可能!

ROCK
チャーンが飲みたい・・!!

そんな禁断症状を覚える方は、近場のリカーショップにGoです!

 

チャーンビールは海外ビールブランドの中でも、比較的見つけやすいブランド。

 

東京ならビック酒販や成城石井のようなショップで見つけられます。

 

もしも近場にリカーショップが無い場合は、Amazonや楽天のような通販サイトから購入しましょう!

 

24本入り1ケース約6,000円弱(1本あたり250円前後)で購入することが出来ますよ♪

 

チャーンのふるさとはタイのバンコク

日本から9時間のフライト。

 

タイの首都であり大都市のバンコクに到着です。

東南アジア観光の中心地として、昔から旅人を迎え入れてくれるタイ。

 

来訪される外国人観光客のうち、日本人観光客はおよそ10%というから、根強い人気があります。

バンコクの見どころとしては【寺院】と【食】にあります。

おもな見どころ

■ 3大寺院

【ワット・プラ・ケオ】
【ワット・ポー】
【ワット・アルン】

■ ショッピングを楽しむ

【サイアムスクエア】
【カオサン通り】

■ タイ料理を楽しむ

【ソフトシェルクラブ料理はぜひ!】

■  夜遊びを楽しむ(男性向け)

【ナナプラザ】
【テーメーカフェ】
※日本では体験できないオモシロ文化ですが、スリなどの軽犯罪には要注意です。

バンコクはとても発展している都市なので、そこまで不便を感じずに楽しむことが出来ます。

TIPS:タイの基本情報

国名:タイ王国

首都:バンコク

言語:タイ語

人口:約7000万人(2019年)

宗教:ほぼ仏教徒

日本から直通便:バンコク

通貨:バーツ Baht 1Baht=平均3円前後

日本との時差:2時間ほど遅い(日本が昼12時なら、泰は10時) 

チャーン醸造所はバンコク周辺に3か所ある「タイ ビバレッジ Thai Beverage 」

チャーンビールを製造しているのは「タイビバレッジ:通称タイビブ」と呼ばれる飲料会社。

 

東南アジアでも最大級の飲料会社でタイだけではなく、周辺諸国への飲料販売や

 

ヨーロッパにも、販路を伸ばしているグローバル企業です。

 

タイビブはもともと象マークのチャーンを1994年にリリースしました。

 

当時、競合のシンハーがタイ国内市場を牛耳っていましたが

 

チャーンのコンセプトである「低価格でアルコール度数の高い」ビールということで、一気に爆発的な売り上げを達成します。

 

※タイビブが所有する工場でチャーンビールを製造しているのは以下の3工場👇

メモ

■ The Kamphaeng Phet brewery ←メイン工場

■ Beer Thip Brewery

■ Cosmos Brewery

<Information>

タイビブ:ベトナムの「SABECO」を傘下に置いている東南アジア有数の大企業

参考

SABECO:「サイゴンビールブランド-アルコール-ビバレッジコーポレーション」の略

主な製品:333(バーバーバー)・ビア サイゴン

【レビュー】ベトナム 333(バーバーバー):味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

【レビュー】ベトナム ビア サイゴンスペシャル:味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

【レビュー】ベトナム ビア サイゴン エクスポート:味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

タイビブHPはコチラ

日本では1種類のみ:グループ会社としていくつものブランドを所有

日本だと、いわゆる「クラシック」タイプのみ販売。

製造元のタイベブでは、チャーン以外のブランドを多数所有しています👇

メモ

■ アルカ

フェダブロイ

■ タッパー

■ ブラックドラゴン  などなど・・・

公式HP(タイ語)

タイに訪問していた時は、アルカを飲んだことがあります。

フェダブロイは、日本のネットショップでも販売しているので、興味があればぜひ。

 

チャーンのレビュー まとめ

こんな方におすすめ

  • 甘みのあるビールが好きなひと
  • タイ文化が好きなひと

こんなシチュエーションで

  • タイ料理といっしょに
  • 氷を入れて現地風の飲み方で楽しむ

 

飲むだけで熱帯の国タイへ行った気分になる「チャーン」ビール。

たまには定番のビールから一歩飛び出してタイの大衆ビールを楽しんでみませんか?

至福の時間をぜひ。

-アジア・オセアニア, タイ

© 2021 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5