アジア・オセアニア タイ

タイ リオ:味の特徴とこんなひとにオススメ!

สวัสดี ครับ/ค่ะ!(サワディー クラッ(プ) / カー)

本日の一杯はヒョウのマークがちょっとワイルドなタイのビール「リオ」をご紹介します。

 

ROCK
タイ庶民に愛されているビールブランドをぜひ!

 

基本スペックの評価について👇

価格帯

☆ 日本の大衆ビールレベルの値段

☆☆ 日本のビールの2〜3倍 400〜600円前後

☆☆☆ 600円以上の高級価格帯

入手難易度

☆ スーパー・コンビニで入手可能

☆☆ 海外ビールに強い酒販で入手可能

☆☆☆ ネットショップが可能性あり?

 

リオ 基本スペックとおススメできるひと

価格帯    

 ☆  日本のプレミアムビールと同等

入手難易度

 ☆☆ 海外ビールに強い量販店で入手可能

アルコール度 

 5.0%

タイプ    

 ピルスナー

リオの味わい

  • やや酸味のある香り
  • ビール<発泡酒に近い軽さで、ビールとしての旨みやコクはかなり薄い
  • 後味に粉のような下に残る刺激

テイスト分布図

こんな方におすすめ

  • 現地でリオを飲んでたひと

こんなシチュエーションで

  • タイ料理といっしょに
  • タイに行ったことのある友達との思い出話のネタに

※アジア諸国12か国の海外ビールをまとめて紹介しています👇

ほかのビールも見てみる?

おどろくほどあっさり!ごくごく飲むのがふさわしいタイビール【リオ】

「発泡酒」レベルであっさりしたテイストが印象的なビール【リオ】

 

コンセプト的に「ごくごく飲めるライトテイストが売り」のビールブランドとして、タイで愛されています。

おもなタイビールブランド

シンハー  = 高級ブランド

■  チャーン = 中級ブランド

■ リオ    = 庶民ブランド 価格が安い!

実際に現地で住まわれている日本人の方に聴いてみると

 

一般庶民がよく口にするブランドは、値段が安い「リオ」が多いといいます。
(私も現地滞在していた時に、よくリオについて聴いていました)

 

そのため、タイの駐在員としてご経験を積んだ後、日本に帰ってくる方々はリオをなつかしく思うようです。

残念ながら、日本に輸入されると値段の優位性が無くなってしまっているのが悲しいですが

 

タイを懐かしむ思い出の1品として友達と語り合うのがオススメです。

ちなみに、以前【シンハー】【チャーン】で紹介した飲み方「氷を入れて飲む」方法ですが

 

リオでやると、極端に薄くなってしまうのでオススメしません。

 

そのまま、冷蔵庫で冷やしてからお楽しみください。

 

ROCK
タイを思い出すのに良いビールかもしれませんね

安いところは200円以下!店頭かネット通販か

ROCK
また、LEOの味を飲んでみたい・・・!!

そうは言っても、そこら辺のコンビニやスーパーではなかなか置いていないタイビール『LEO』

 

リカーマウンテンややまやのような海外酒に強い販売網を持っている量販店に取り扱いの可能性を感がるしかないのが現状。

 

あなたが『もう一度』LEOビールを飲みたいっ!ということであれば、Amazonや楽天のような通販サイトから購入するのがBESTでしょう。

 

24本入り1ケースで最安4,000円台で入手可能(1本あたり200円以内)

 

リオの故郷:タイのバンコクへ

日本から9時間のフライト。

 

タイの首都であり大都市のバンコクに到着です。

東南アジア観光の中心地として、昔から旅人を迎え入れてくれるタイ。

 

来訪される外国人観光客のうち、日本人観光客はおよそ10%というから、根強い人気があります。

バンコクの見どころとしては【寺院】と【食】にあります。

おもな見どころ

■ 3大寺院【ワット・プラ・ケオ】【ワット・ポー】【ワット・アルン】

■ ショッピングを楽しむ【サイアムスクエア】【カオサン通り】

■ タイ料理を楽しむ(ソフトシェルクラブ料理はぜひ!)

■  夜遊びを楽しむ(男性向け)【ナナプラザ】【テーメーカフェ】
※日本では体験できないオモシロ文化ですが、スリなどの軽犯罪には要注意です。

バンコクはとても発展している都市なので、そこまで不便を感じずに楽しむことが出来ます。

リオの醸造所は同国ブランド【シンハー】と同じ醸造所から

リオは同国の上級ブランド【シンハービール】と同じ会社が生産しているビールブランド。

 

飲料会社ブンロードブルワリーは、1933年にシンハービールを生産してきましたが

 

リオは2002年に販売という新興ブランドです。

 

ブンロードは2009年に【シンハーライト3.5%】というライトテイストのブランドも立ち上げている点から

 

タイ国内のニーズの幅を広げていることがわかります。

 

直接メーカー広報に訊ねたところ、コロナ騒動により工場立ち入りは禁止されていますが

 

落ち着いたころに、工場見学の見込みを予定しているとのことでした。

 

バンコク市内に工場がありますので、ぜひ見学に行ってみたいですね。

 

Boon Rawd Brewery公式HP

リオとしては1種類のみ:グループ会社としていくつものブランドを所有

ブンロード社のライトビールとしての位置づけで展開しているリオ。

 

さらにライトテイスト・低アルコールの【シンハー・ライト】のようなシンハーブランドを除けば

 

4ブランドほどのラインナップがあります👇

 

メモ

■ MYビール

■ Uビール

■ スノーウィー

■ カッパークラフト  などなど・・・

公式HP(タイ語)

コロナが落ち着いたころに、ブンロード社の他ラインナップを飲んでみたいものですね!

 

リオのレビュー まとめ

こんな方におすすめ

  • 現地でリオを飲んでたひと

こんなシチュエーションで

  • タイ料理といっしょに
  • タイに行ったことのある友達との思い出話のネタに

飲むだけでタイのひと時を思い出させてくれる「リオ」ビール。

たまには定番のビールから一歩飛び出してタイの大衆ビールを楽しんでみませんか?

至福の時間をぜひ。

-アジア・オセアニア, タイ

© 2020 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5