アメリカ 北・南アメリカ

アメリカ バドワイザー:味の特徴とこんなひとにオススメ!

Hi!

本日の一杯はアメリカが生んだ超有名ビール「バドワイザー」ビールをご紹介します。

 

赤と白のコントラストデザインが印象的なグローバルビールブランド。

ROCK
バドガールを思い出す方は私と同世代ですね!

 

基本スペックの評価について👇

価格帯

☆ 日本の大衆ビールレベルの値段

☆☆ 日本のビールの2〜3倍 400〜600円前後

☆☆☆ 600円以上の高級価格帯

入手難易度

☆ スーパー・コンビニで入手可能

☆☆ 海外ビールに強い酒販で入手可能

☆☆☆ ネットショップが可能性あり?

 

バドワイザー 基本スペックとおススメできるひと

価格帯     ☆  日本のプレミアムビールと同等

入手難易度 ☆  スーパー・コンビニで入手可能

アルコール度  5.0%

タイプ     ラガー

バドワイザーの味わい

  • あっさり感と炭酸が強め
  • 飲んだ後のキレっぷりが秀逸で口の中がスッキリする
  • ビールとしての深い味わいはかなり控えめで、スピリッツ類のようなアルコール風味を感じる

テイスト分布図

こんな方におすすめ

  • 炭酸強めでスーパードライ系統が好きなひと
  • 濃い・重たい味わいのビールが苦手なひと
  • フライドチキンやポテトチップスのような揚げ物と一緒にビールを飲むひと

こんなシチュエーションで

  • ハリウッド映画のアクションムービーを見ながら(相棒はバタピーで)
  • お風呂あがりに一本飲んでのどを潤す用
  • BBQや釣りなどのアウトドアをしているときに

 

ROCK的おススメ:フライドチキンをかぶりつきながら!バタピーも◎

バドワイザーの強い炭酸とキレのあるのど越しには、揚げ物がBest!

執筆しながら、ずっと「ケンタッキー」フライドチキンのことが頭から離れませんでした(笑)

油でカラッと揚がったころもと鶏肉のジューシーさはバドワイザーにとって最高の相棒です。

今回は、セブンイレブンで購入した「バタピー」をおともに。

キレの良いビールほど、バタピーの塩気と脂分がマッチします。

ROCK
缶or瓶のまま飲む方がよりスッキリとした味わいで楽しめるのでおススメ

 

※近所のスーパー・コンビニで買える海外ビールをまとめて8本紹介しています👇

ほかのビールも見てみる?

200円以下で販売していれば◎その場で購入しておこう

ROCK
個人的にじゃぶじゃぶ飲みたい・・・!

超気楽にぷしゅっと開けてグイっと飲みたいブランド「バドワイザー」

 

気兼ねなくどんどん飲むことが似合っているブランドは、バドワイザーならでは。

 

個人的には、ケース単位で購入して毎日飲んでおきたいですね。

 

どこでも販売しているレベルで流通しているバドワイザーは、おおよそ200円前後で販売しています。

 

かなり安いところだと一本当たり約180円(税別)ぐらいで販売しているので、日本の大衆ビールレベル。

 

ROCK
ケース購入だと持って帰るのが面倒くさい!

 

そういう方は、Amazonや楽天のような通販サイトから購入から購入しておきましょう。

 

ネットだと、最安レベルで1本あたり190円~で見つかります👇

 

バドワイザーの出身地:アメリカ・ミズーリ州のセントルイス

バドワイザーの生まれ故郷セントルイスは、日本から乗り継ぎ便でおよそ16時間の長旅。

中央をミシシッピ川が流れ、東側に最寄りの空港「セント・ルイスダウンタウン空港」

西側にバドワイザーの製造拠点「セントルイス醸造所」があります。

 

この町はアメリカの西部開拓はじまりの地として、観光名所の「ゲートウェイアーチ」と周辺の公園・博物館が見どころ。

公園の近くにはメジャーリーグのカージナルスが本拠地にしている「ブッシュ・スタジアム」も。

スポンサーはもちろんバドワイザーの会社「アンハイザー・ブッシュ」

ROCK
野球観戦しながらバドワイザーを飲む休日を味わってみたい!

巨大なセントルイス醸造所へ見学に行ってみよう(コロナウイルスにより中止)

西部開拓の歴史を切り開いた場所「セントルイス」から創業したビールブランド「バドワイザー」

1876年から今に至るまで世界中にバドワイザービールを供給し続けています。

 

セントルイスにある本社と隣接した醸造所では、ビジター向けの工場見学が出来、セントルイスを代表する観光スポットになっています。
(※現在、工場見学は不可。はやく世界中でコロナウイルスが終息して欲しいものです)

▽公式HP上での再開を心待ちにするばかりです▽

Welcome to the Budweiser Brewery Experience

There is no other brewery experience in the world quite like an Anheuser-Busch brewery tour. With six Brewery Experience locations across the country, each location has its own story, providing unique perspectives on the history and making of Budweiser. Learn more about our brewery locations.

よく見かける赤いラベルのレギュラー品のほかにもラインナップは多数(日本未販売)

赤と白のコントラストが映えるバドワイザー。

現在、レギュラー品のほかに、以下のブランドが展開されています👇

■ バド ライト

■ バドワイザー セレクト

■ バド アイス       などなど

日本では、並行輸入品ぐらいでしか見かけられないところ。

レギュラー品と比べるとどれも入手難易度がかなり高めです。

ROCK
他ラインナップ品を味わってみてください!

 

バドワイザーのレビュー まとめ

■ バドワイザーがハマる人

☞ 炭酸強めでスーパードライ系統が好きなひと

☞ 濃い・重たい味わいのビールが苦手なひと

☞ フライドチキンやポテトチップスのような揚げ物と一緒にビールを飲むひと

 

■ こんなシチュエーションで楽しみたい

☞ ハリウッド映画のアクションムービーを見ながら(相棒はバタピーで)

☞ お風呂あがりに一本飲んでのどを潤す用

☞ BBQや釣りなどのアウトドアをしているときに

 

うだるような暑さのときこそ、ぐいぐいっといきたくなるビール「バドワイザー」

たまには定番のビールから一歩飛び出してアメリカのビールを楽しんでみませんか?

至福の時間をぜひ。

-アメリカ, 北・南アメリカ

© 2020 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5