アジア・オセアニア フィリピン

フィリピン レッドホース:味の特徴とこんなひとにおススメ!

Magandang araw!(マガンダン アーラウ)

 

本日の一杯は近場の南国フィリピンから「レッドホース」ビールをご紹介します。

 

ROCK
元駐在日本人推薦のブランド!

 

基本スペックの評価について👇

価格帯

☆ 日本の大衆ビールレベルの値段

☆☆ 日本のビールの2〜3倍 400〜600円前後

☆☆☆ 600円以上の高級価格帯

入手難易度

☆ スーパー・コンビニで入手可能

☆☆ 海外ビールに強い酒販で入手可能

☆☆☆ ネットショップが可能性あり?

 

レッドホース 基本スペックとおススメできるひと

価格帯    

 ☆☆ 300〜500円レンジ

入手難易度

 ☆☆ 海外ビールに強い量販店で入手可能

アルコール度 

 8.0%

タイプ    

 ストロングラガー

レッドホースの味わい

  • 麦の香ばしい香りと強めのアルコール臭
  • スピリッツ系統の強いアルコールでドライチューハイのよう
  • 後味にカラメルのようなどっしりした甘み

テイスト分布図

こんな方におすすめ

  • ふつうのビールでは酔えないひと
  • ドライなストロングドリンクが好きなひと
  • フィリピンを思い出すひと

こんなシチュエーションで

  • 今日は酔いたい!とき
  • 明日のことは気にしなくて良い週末に
  • ドライマンゴーを食べながら

※アジア諸国12か国の海外ビールをまとめて紹介しています👇

ほかのビールも見てみる?

カラメルの風味とガツンッ!とくる強いアルコールが印象的な【レッドホース】

馬のひづめマークが雄々しい【レッドホース】ビール。

 

栓を抜いてグラスに注ぐと、サンミゲルのようなカラメルにツンとくるアルコールの香りを感じます。

 

口に含むと、その味わいはビールというよりドライチューハイ(ストロング)がふさわしいのではないかと錯覚します。

 

飲み終わりに、サンミゲル特有のカラメル風味がやってくるところがフィリピンビールっぽいですね。

 

フィリピン好きのひとたちに言わせると現地の屋台とかでひたすら飲んでいたのは「レッドホース」という回答が多いのが面白いところ。

 

超個性的な味わいなので、ふだん刺激が足りない方にはぜひ一度試しにのんでもらいたいブランドです。

レッドホースですが、その味わいから考えると肉系フードと合わせても楽しいことでしょう(フィリピン料理のシシグなど)

 

ドライなその味わいが、食べ物を食べたときの口の中をリセットしてくれます。

 

高アルコールビールなので、そのままだけではすぐに酔ってしまうこと必至。

 

つまみを食べながらいつものビールよりもゆっくり味わって飲むことが良い付き合い方かも。
(酔いたいひとはぐいっと飲んでもOK?

 

ROCK
個人的につまみを用意した方がオススメ!

店頭販売でも入手は可能ですが、通販サイトを利用すると安くて早い!

ROCK
レッドホースを飲んで懐かしみたい・・・!

という場合は、どこでレッドホースを入手すればいいのか。

 

レビュー用に私が入手したのは『ビックカメラ有楽町店』のビック酒販です。

 

ここの品ぞろえは都心でも優秀なレベルで海外ビールを置いてあるので、見ているだけでも楽しめます。

 

ROCK
俺は、1ケースで買うんだ・・・!

という熱いファンには、楽天で24本入り1ケース7,000円程度【1本あたり300円以内】で自宅まで届けてくれます。

 

レッドホースの故郷:フィリピンの首都マニラに行こう!

日本から飛行機で片道4-5時間。

 

世界有数の大都市「マニラ」に到着です。

 

フィリピンの首都マニラは首都圏人口2,000万人越えという東京首都圏に匹敵するレベルの大規模都市圏。

 

16世紀にスペインの植民地として発展したマニラは、世界大戦後の荒廃でトンドに代表する大スラム街が形成されたいっぽうで

 

マカティのような富裕層向けの新都心で高層ビルの立ち並ぶ地区があるなど、混雑した様相を呈しています。

 

マニラの観光名所

■ 超有名観光スポット

 【イントラムロス】【サンチャゴ要塞】【サン アグスティン教会】

■ 絶景を観に行くなら

 【ロハス通りのベイウォークから眺めるマニラ湾】

■ ちょっと遠出して

 【セブ島】【イロイロ】【エルニド】などなど・・・

フィリピンの魅力は、大小からなる美しい島々の数々。

 

『Theバカンス』を体現したような青い海と白い砂浜は、日本で疲れ切った心を癒してくれること間違いなし。

 

日本から安く・早く行けるのも大きな魅力ですね。

 

ROCK
パラソルの下で寝ながらお酒を飲む生活がしたい!

レッドホースの醸造所はサンミゲルビールブルワリーの事業

レッドホースの醸造元であるサンミゲルは創業者の名から取られており、現在は総合商社の屋号として機能しています。
(現:サンミゲルブルワリー=ビール事業、ほかにインフラ事業など多角化経営を進めている)

 

創業は1890年、植民地時代のスペイン王室から品質の良さを証明する「ロイヤルグラント」を受け取った名誉あるビールブランド。

 

現在、フィリピン国内に6か所の工場を持つ企業です。

 

日本とは、キリンビールが主要株主になっていることで縁が深く、このサンミゲルブルワリーでも

 

キリンの一番搾りが醸造・出荷されています。
(日本ブランドのライセンス生産も世界では盛んで、国内品とはちょっと味が違う(笑)

 

 

日本から一番近い醸造所はマニラ中心地から北にあるポロ醸造所。

 

ニノイ・アキノ国際空港から車で40分の距離にあります。

 

工場見学の有無は現在サンミゲルブルワリーに問い合わせ中ですので

 

わかり次第、追記する予定です。

 

ブランドとして:多品種を展開中しているサンミゲル

サンミゲルビールでは、レギュラー品のサンミゲルのほかに多くのラインナップを展開中です。

 

今回紹介しているレッドホース以外にも👇

 

その他ラインナップ

■ サンミゲル ライト

■ サンミゲル プレミアム

■  ゴールドイーグル などなど

公式HP(タガログ語)

サンミゲルやレッドホースを飲んでみると、苦味と酸味のしっかりした強めのビールが好まれているように思えます。

 

プレミアムやゴールドイーグルがどんな味わいなのか、入手出来たらレビューしてみる予定です。

 

ROCK
フィリピン行けるようになったら、現地で飲み比べです!

 

レッドホースのレビュー まとめ

こんな方におすすめ

  • ふつうのビールでは酔えないひと
  • ドライなストロングドリンクが好きなひと
  • フィリピンを思い出すひと

こんなシチュエーションで

  • 今日は酔いたい!とき
  • 明日のことは気にしなくて良い週末に
  • ドライマンゴーを食べながら

ガツンっ!とくるアルコールの刺激が印象的な「レッドホース」ビール。

 

たまには定番のビールから一歩飛び出してフィリピンで愛されているストロングビールを楽しんでみませんか?

 

至福の時間をぜひ。

-アジア・オセアニア, フィリピン

© 2020 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5