イタリア ヨーロッパ

【レビュー】イタリア モレッティ:味の特徴とこんなひとにおススメ!

ROCK

1985年長野県生まれ これまで51か国を訪問 これまで飲んだ海外ビールブランドは200種類以上 2021年6月びあけん3・2級併願合格 現在、日本のクラフトブルワリーと協力してオリジナルビールブランドを製作中

このビールはこんな感じ!

  • 柑橘系の香りが鼻をくすぐる、キレのあるさっぱりしたビール
  • 「デイリーで楽しめるビール」を探しているひとにおススメ
  • 「コクや旨味」を重視するひとには不適
  • イタリアを代表するビールブランド

Ciao!(チャオ!)

 

本日の一杯は陽気な国「イタリア」から代表選手ともいうべきブランド「モレッティ」をご紹介します。

 

現在はハイネケングループに属していることでも知られているモレッティ。

 

ROCK
数あるイタリアブランドの中ではおススメの1本です!

 

モレッティ 基本スペックとおススメできるひと

価格帯    

 ☆☆  300円レベル

入手難易度

 ☆☆  海外ビールに強い量販店で入手可能(成城石井で入手)

アルコール度 

 4.5%

タイプ    

 ピルスナー

モレッティの味わい

  • かすかに柑橘系のさわやかな香り
  • 麦の味わいもそこそこに、スカッとしたキレの良さと強めの炭酸が食中酒に最適
  • アサヒ・スーパードライよりもよりあっさり感が強め

テイスト分布図

参考

数値について

▶あっさり:4.0 ☞さっぱりして飲みやすい

▶コク  :2.0 ☞ちょっとしたアクセント

▶苦み  :3.0 ☞メリハリの利いた

▶酸味  :2.0 ☞やや控えめ

▶甘み  :2.0 ☞やや控えめ

こんな方におすすめ

  • アメリカ系ライトラガーが好きなひと
  • ビールはのど越し!派
  • イタリアが好きなひと

こんなシチュエーションで

  • イタリア料理を食べながら
  • 海を見ながら
  • 紅の豚を観ながら

陽気な国のイメージそのまま!爽やかでとても飲みやすい大衆ビール【モレッティ】

ROCK
ダンディなおじさまがおいしそうに飲んでいる・・・!

 

他人が美味しそうに食べたり飲んだりしていると、自分もしてみたくなる管理人です。

 

いろんな国のビールブランドを紹介している本サイトですが、今回ご紹介しているイタリアビールブランド「モレッティ」のラベルデザインは、見ていると心が「ほっこり」してきます。

そんなモレッティですが、正式には「ビッラ・モレッティ Birra Moretti」という名称。

 

ビッラはイタリア語で「ビール」、モレッティは創業者のモレッティ一族から来ています

 

ROCK
直訳すると「モレッティ家のビール」?

 

イタリアには今回紹介しているブランド「モレッティ」以外にも何種類か存在しており、管理人が入手できたブランドについては近々紹介していく予定ですが

イタリアのビールブランド(一部)

▶ ペローニ社の「ナストロ・アズーロ」

▶ ドレハー社の「ドレハー」

※ 入手できていないブランド

メナブレア(Menabrea)

メッシーナ(Messina)

イクヌーザ(Ichnusa)

上記2ブランドと比較すると、一番「コクも感じさせる」高いクオリティだと断言します。

ROCK
ペローニとドレハ-はどちらも「コクが無くさっぱり」したテイスト

 

そのため「イタリアのビールブランドでおススメはありますか?」と訊ねられたら

 

ROCK
まずは「モレッティ」から試してみるのはいかがですか?

 

とお伝えすることでしょう。

 

モレッティの特徴は何といっても「香り」。

オレンジ系を思わせる心地よい香りは心がほぐされます。

 

テイスト自体は暑い国のビールブランドに共通する「炭酸の刺激」と「モルト感が控えめ」な仕上がり

 

突き抜けて評価されるような個性は薄いのですが、どんなシーンでも楽しく美味しく飲むことが出来るのがポイントです。

イタリア料理とのお供はもちろん、アウトドア(海にちなんだレジャーが良さそう)に連れて行くのが良いでしょう。

 

ROCK
BBQとかも良いですね!

のどの渇きを癒す飲み方にも対応してくれる器用さがあるモレッティ。

 

イタリアの超有名な大衆ブランドですので、興味がある人はぜひ1度お試しあれ!

 

ROCK
管理人おススメの1本です!

※そもそもビールの種類や原材料についてよく分からない!というひとにおススメの記事

【ビールの知識シリーズ①】ビールの種類は2つ覚えればOK!わかりやすく解説します!

続きを見る

【ビールの知識シリーズ②】原料・副原料のことを知ってビールをもっと楽しもう!

続きを見る

缶タイプを輸入している「モンテ物産」とはどんな会社?

ROCK
都内の成城石井で缶タイプを購入しました

 

今回の缶タイプはかなり珍しいようで、モレッティは他の海外ブランド同様「ビンボトル」タイプが主流の様子。

 

気になったので裏ラベルをチェックしてみると「輸入元:モンテ物産」なる社名が。

 

缶タイプを輸入販売しているモンテ物産について調べてみました👇

モンテ物産ってこんな商社!

▶1977年創業のイタリア食品専門輸入商社

▶1999年にサントリーグループへ買収、以後傘下に入っている

▶全国数か所に支店と東京のアンテナショップ、独自の物流会社を持つ

と、かなり大きい規模の食材輸入商社です。

 

モンテ物産が取り扱っているモレッティは今回紹介しているレギュラーのほかに👇

モレッティ他ラインナップ

▶ 黒ビールタイプの「ラ・ロッサ」

▶ ストロングタイプの「ラ・フォルテ」

▶ ヴァイツェンタイプの「ラ・ビアンカ」

なかなか小売店では販売していない他ブランドを取り扱っていますので、要チェックです!

 

東京・大阪にはモンテ物産のアンテナショップ「CA'MONTE (カ・モンテ)」「イタリアンショップPicco」があるのでイタリア食材に関心があればこちらもぜひ。

<CA'MONTE (カ・モンテ)> 東京・渋谷最寄り

<イタリアンショップPicco> 大阪・淀屋橋最寄り

モンテ物産オンラインショップでチェック!

モレッティのふるさと:イタリア北東部「ウディネ」へ

春田さん
ウディネってどこにあるんですか?

 

という疑問が湧きそうなぐらいになかなかポッと出てこない都市です。(自分だけ・・??

ウディネはイタリアの北東部、スロベニア共和国との国境にほど近い都市で「フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州」に属しています。

 

ROCK
州都は旧オーストリア領だったトリエステです

このウディネはフリウリ地方の県都であり、トリエステに次いで2番目に大きい都市のため観光に訪れる方も多くいます。

 

1420年-1797年までヴェネツィア共和国の下で歴史を重ねてきたため、街全体は中世建築の佇まいで雰囲気はバツグン。

そんなウディネを訪れるときは、ぜひ巡ってみたいところがコチラ👇

ウディネの観光名所

■ 観光スポットには

【ウーディネ城】
【ウーディネのドゥオーモ】
【マッテオッティ広場】
【Loggia del Lionello】

 歴史を学ぶ

【Diocesan Museum and Tiepolo Galleries】

■ グルメ巡り

【フリウリ料理を食べつくす】
【カステッロブルワリーの見学】
などなど・・・

最寄りはヴェネツィアから。

 

列車でおよそ片道3時間程度の距離にあります。

TIPS:イタリアの基本情報

国名:イタリア共和国

首都:ローマ

言語:イタリア語

人口:約6,000万人(2019年)

宗教:ほぼキリスト教(カトリック)

日本から直通便:ローマとミラノが結んでいる

通貨:ユーロ€(1€=平均120円前後)

日本との時差:8時間差(日本が12時なら伊が明け方4時~)

ラベルのモチーフは見知らぬ男性?知られざる誕生秘話【モレッティブルワリー】

「モレッティ」が誕生したのは1859年のこと。

 

創業者はウディネで食品の卸売業者をしていた37歳の「ルイジ・モレッティ」という男性

 

その時代は当時ウディネがオーストリア・ハンガリー帝国の領土内にあった頃にあたります。

ルイジは卸売業として様々な食品を扱っていましたが、そのなかでビールも扱っていました。(オーストリア産といわれている)

 

販売活動を続けていくにつれ、ルイジは「海外産を輸入するより、このウディネでビールを作って販売した方が国民にとってより喜んでもらえるであろう」

参照画像:モレッティHPより

という考えを思いつき、1859年に「ビール工場」と「製氷工場」を立ち上げることにしました。

 

翌年の1860年にはビンボトルに封入された自身のビールを販売します。

参照画像:モレッティHPより

ルイジの作り出したビールは黄金色に輝くきれいな色味をしており、ウディネ市内でたちまち人気のブランドになります。

 

ROCK
一説には仕込み水に使われていたウディネの水が軟らかいとも(ピルスナーウルケルと同じ傾向)
【レビュー】チェコ ピルスナーウルケル:味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

 

時は経ち、モレッティの経営は創業者のルイジから甥(ラオ・メナッツィ・モレッティ Lao Menazzi Moretti)に変わったとき、現在のラベルデザインのもととなった人物と出会います。

それは1942年のとある日に、ラオがウディネの「トラットリア・ボシェッティ」へ足を運んだ時。

 

席についたラオはふと1人の紳士に目をやります。

その紳士はお店で提供されているモレッティを大層美味しそうに飲んでいました

 

その見事な飲みっぷりに心を惹かれたラオは声をかけてみることに。

ラオは紳士に打診します「その見事な飲みっぷりに感動したので、写真を撮らせてくれないか。見返りをするから。」と

 

紳士はその申し出に「なら、見返りとしてもう1杯モレッティを。

その出来事がラオのインスピレーションとなり、以降のモレッティにはこの時の「紳士」が登場してきます。

 

ROCK
なんともオシャレなエピソードです

現在ではオランダのハイネケングループの傘下として、ウディネ以外の数か所で醸造されているモレッティ。

ウディネにあった醸造所は現在別のブルワリーが利用してまったく新しいビールを作り続けています(後述のカステッロブルワリー

 

2006年のワールドビアカップでの金銀メダル同時受賞、オーストラリアンインターナショナルビアアワードでは5つのメダル授与と世界に認められたクオリティであることを証明されました。

 

いまでは世界50か国以上に輸出され「イタリアのビール」といったら・・・、とまで認知度のあるブランドになっています。

 

<モレッティブルワリー跡地には・・・>

※現在はカステッロブルワリーという新しいブルワリーが跡地を使用しています

カステッロブルワリーについてはこちら(公式)

レギュラー以外にも!イタリア式ヴァイツェンと黒ビールも要チェック!

日本でも取り扱い先が増えてきたように感じるぐらい浸透してきたブランド「モレッティ」

 

出回っているのはもっぱらレギュラータイプですが、実はほかにも何種類かリリースしています。

 

日本ではどれも取扱いが少ないので要チェックです!👇

モレッティ ラインナップ

▶ 黒ビールタイプの  「ラ・ロッサ」 7.2%

▶ ストロングタイプの 「ラ・フォルテ」7.0%

▶ ヴァイツェンタイプの「ラ・ビアンカ」5.0%
※ここまでは輸入元のモンテ物産で入手可能

▶ 「ル・リージョナル・アラ・トスカーナ」 5.5%

▶ 「ル・リージョナル・アラ・シチリアーナ」5.8%

公式HP

 

ROCK
管理人も入手次第、レビューしていきます!

モンテ物産オンラインショップでチェック!

モレッティ  まとめ

こんな方におすすめ

  • アメリカ系ライトラガーが好きなひと
  • ビールはのど越し!派
  • イタリアが好きなひと

こんなシチュエーションで

  • イタリア料理を食べながら
  • 海を見ながら
  • 紅の豚を観ながら

爽やかな柑橘系の香りを感じるライトテイストの「モレッティ」

 

たまには定番のビールから一歩飛び出してイタリアの超有名ビールを楽しんでみませんか?

 

至福の時間をぜひ。

-イタリア, ヨーロッパ

© 2021 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5