スコットランド ヨーロッパ

【レビュー】スコットランド ブリュードッグ エルビスジュース:味の特徴とこんなひとにおススメ!

ROCK

1985年長野県生まれ これまで51か国を訪問 これまで飲んだ海外ビールブランドは200種類以上 2021年6月びあけん3・2級併願合格 現在、日本のクラフトブルワリーと協力してオリジナルビールブランドを製作中

このビールはこんな感じ!

・ビールらしくないフルーティさと果実の苦みを感じさせる

ブリュードッグファンはもちろん、フルーツ系テイスト好きに

苦みはIPAほど無いけれど、しっかり感じるので要注意・・・

・強烈な個性とメッセージ性を放つパンクなブルワリー!

halò!

 

本日の一杯はスコットランドからパンクIPAで有名な「ブリュードッグ」の「エルビスジュース」をレビューしていきます。

 

ブラッドオレンジを想像させるデザインですが、開けてみるとジューシーなグレープフルーツ+ストロベリーのダブルパンチ!というフルーティな一杯。

 

ROCK
IPAが苦すぎてダメなひとには試してみる価値ありですよ!

 

ブリュードッグ エルビスジュース 基本スペックとおススメできるひと

価格帯    

 ☆☆ 300-500円レンジ

入手難易度

 ☆☆ 海外ビールに強い量販店で入手可能

アルコール度 

 5.1%

タイプ    

 インディア・ペールエール(IPA)

エルビスジュースの味わい

  • グレープフルーツ+ストロベリーの香りが広がっていく
  • 最初から最後までグレープフルーツの最後に感じる苦みと香り
  • 甘みは控えめで苦みが強く感じるところがIPAらしい
  • ビールらしくないテイストと香り・後味が印象的

テイスト分布図

参考

<数値について>

▶あっさり:3.5 ☞スッと飲める

▶コク  :2.0 ☞やや控えめ

▶苦み  :3.0 ☞確かな苦み

▶酸味  :1.5 ☞かなり控えめ

▶甘み  :1.5 ☞かなり控えめ

こんな方におすすめ

  • 柑橘系のフルーツビールが好きなひと
  • ブリュードッグファン
  • ラガービールが苦手なひと

こんなシチュエーションで

  • カクテル扱いで楽しく
  • 友達といっしょに

ビールの可能性を広げてくれるジュース系テイスト【エルビスジュース】

ROCK
ブリュードッグは面白いビールを出してくれます!

スコットランドが誇るクラフトブルワリー「ブリュードッグ Brew dog」。

退屈なラガービール一辺倒な文化を破壊して、豊かなクラフトビールを楽しめる市場に』をモットーに

 

創業の2007年からこれまで400種類以上(2021年時点)の異なるブランドをリリースし続けています。

14年でそんなに出しているんですね・・・!
春田さん

そのなかで通年販売しているブランドの1つが今回の「エルビスジュース」というブランド。

 

日本のリカーショップで置いてあるので見たことのある人も多いエルビスジュースですが、飲んでみると「これはおもしろいっ!」となるテイストでした!

製法にグレープフルーツを使って仕込まれているため、プシュッっと開けた時点でグレープフルーツが香ってきます。

グラスに注げばその香りが顕著に。

グレープフルーツのなかにストロベリー要素も感じる作りに心がほころびます

 

口に含めばフレッシュなグレープフルーツそのまま絞ったかのような甘酸っぱさと後味の苦み。

 

ビールらしい麦芽の風味は感じることがありません。

終盤にはIPAらしいホップの風味が現われてくるので「ビールなんだな(笑)」と感じることでしょう。

 

普通のドイツ・正統派ビールテイストをイメージしてしまうと「変なテイスト」と捉えられかねない

 

ですが「こんなテイストのビール、初めて飲んだ!」と思ってもらえるブランドです。

 

新しいこと・ものに関心のあるひとはぜひお試しあれ!

ROCK
ブリュードッグの提唱するクラフトビールの世界を感じることが出来ますよ!

※そもそもビールの種類や原材料についてよく分からない!というひとにおススメの記事

【ビールの知識シリーズ①】ビールの種類は2つ覚えればOK!わかりやすく解説します!

続きを見る

【ビールの知識シリーズ②】原料・副原料のことを知ってビールをもっと楽しもう!

続きを見る

輸入元の[ウィスクイー]はスコッチ輸入が主体の販売業者

日本にブリュードッグシリーズを輸入しているのが「ウィスク・イー」という会社名の輸入業者

 

以前、同じスコットランド出身のクラフトブルワリー「ハービストンブルワリー」でも出てきた業者です👇

【レビュー】スコットランド ハービストン シェハリオン:味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

ウィスク・イーってこんな会社!

▶ 1998年創業の輸入卸業者

▶ 創業のきっかけはスコッチブランド「アラン」の輸入販売

▶ ウイスキーの販売・宣伝活動をしながらクラフトビールの取り扱いも始める

アランって有名なウイスキーブランドなんですか??
春田さん
ROCK
スコッチファンの間では個性的なブランドとして認知されています

アラン蒸留所はスコットランド・グラスゴー西部のクライド湾に位置する大きな島「アラン島」にあるウイスキー蒸留所。

 

4000人ちょっとの人口と農林業で成り立っているアラン島ではかつて50ものウイスキー蒸留所があったとされています。

参照画像:アラン蒸留所 HPより

19世紀半ばを最後に100年近くウイスキー製造がおこなわれておりませんでしたが、1994年にアラン蒸留所というブランドでウイスキー事業は息を吹き返します。

 

アラン蒸留所のウイスキーは「バニラ香」「青りんご」「麦の甘み」など甘口寄りのテイストが特徴。

ROCK
ロックにしてゆっくり飲むと香りが広がっていきます。

参照画像:アラン蒸留所 HPより

そんなアラン蒸留所のウイスキーを日本で紹介することから始めたのがウィスク・イーでした。

 

そのため、設立当初の会社名も「アラン・ジャパン」。

わかりやすい会社名ですね!
春田さん

現在のウィスク・イーは2000年に改名しました。

 

ウイスキーの輸入販売から始まっただけにセレクトは通好み👇

参照画像:ウィスクイー HPより

ビールのラインナップも「個性的で美味しい」クラフトビールブランドを取り扱っています。

参照画像:ウィスクイー HPより

ウィスク・イーの取り扱いブランドは貴重なので、入手出来たら続々レビューしていくつもりです!

ウィスク・イーHPはコチラ

 

Tips!:東京・六本木で営業している旗艦店「BrewDog Roppongi」で世界観に浸る!【体験レビュー】

ブリュードッグファンなら一度は行ってみたい!と狙っている(?)直営店のBar。

日本では東京の六本木で営業しています。

 

ということで、管理人は体験レビューで訪問してみました!

「メトロ日比谷線-六本木駅」を降りて、徒歩5分程。

目的のBrewDog Roppongiに到着です。

店内は奥行きのあるBeerBarスタイル。

ROCK
こういうBarでは積極的にカウンターへ座りたい!

クラフト紙のパンクなメニュー表とフライトボードのようなメニューボードに「異国感」を味わえます・・・!

管理人はここで「ロストラガー」と「フィッシュアンドチップス(レギュラー)」を選びました

 

運ばれてきたフィッシュアンドチップスは超ぶっとい白身フライと山盛りのポテト・・・!(笑)

ROCK
1500円でしたが、軽く3人前はあります・・・

外は衣がサクサクっ!中はとろーっとふんわりな白身がモルトビネガーと相性バッチリ!

付属のタルタルソースがペペロンチーノ風でにんにくのパンチが効いてる・・

ROCK
このソースが激しく美味い・・・!

モリモリ食べては飲んでましたが、ふと目をやると店内の至る所にブリュードッグのロゴが見受けられます。

2杯目のシルクロードを飲みながら「良い気分」になったところで混んできたので退散することに。

 

気さくなスタッフさんに快く記事紹介の許可を頂いて、お土産に缶ビールを購入しておきました。

このお店でしか取扱いが無い!と言われたのが日本の「うちゅうブルーイング」とブリュードッグがコラボしたビールブランド「サンクチュアリー」!

 

なんと、1本(330ml)で1,500円の高級品・・・!!

ROCK
会計見た時に2度見しました・・・(笑)

うちゅうブルーイングは日本のクラフトビール界で知らないひとは居ないぐらいに伝説的なブルワリー。

 

ヘイジーIPAを主体としたブランドは飲むひとを「天国へ誘う」ほどにぶっ飛んだ美味さ。

参照画像:うちゅうブルーイングHPより

管理人も一度だけ「宇宙SHAKE」を飲みましたが、ひとくちでトビました・・・(笑)

 

超希少なコラボビールを買いに行くだけでも非常に価値があるので、首都圏に行かれるひとや住まいのひとはぜひ!

ROCK
クラフトビール沼にハマること間違いなし!

<Information>

BrewDog  Roppngi

住所:〒106-0032 東京都港区六本木5丁目3−2 齋藤ビル 1F

TEL:03-6447-4160

営業時間:月~金 17:00~23:30

     土日  13:30~23:30

平均予算:ビール1杯800~ フード500~

備考  :外国人スタッフは日本語も可、英語だとスムーズ

     一部の缶・瓶ビールは持ち帰り購入可能

最寄り:都営地下鉄大江戸線 東京メトロ日比谷線 六本木駅がおススメ
居酒屋エリアにあるので、はしご酒には最適

ブリュードッグの発祥:スコットランドのエロンと近隣都市アバディーン

イギリスはロシアと同じく「1つの国」のように思ってしまいますが、厳密には連合国にあたります。

イギリスは正式名「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」からも分かるように4つの国【イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド】から構成される国。

 

実際に訪れてみると、上記4つの国はどれも独自の文化を持っていることがよくわかります。

そのなかでグレートブリテン島(地図上、右側の大きな島の方)の上半分がスコットランド。

 

首都のエディンバラからスタートした場合、ブリュードッグの本拠点があるのは「エロン ELLON」という町。

北東に車でおよそ3時間。

 

最寄りに港湾都市として栄えている「アバディーン Aberdeen」をハブとして旅行計画を立てると良いでしょう。

 

というのもエロンはブリュードッグ醸造所を訪れるために行くけれども、その他の観光には正直期待出来ません。(のどかな町を探索する趣味の方以外は・・・)

 

そのため、エディンバラ以外の街を観光するならアバディーンを中心にして巡る方が良いかもしれません。

 

アバディーンは20万人弱の人口を有するスコットランド第3の都市。

 

1970年以降、石油採掘で栄えた街で多くの観光客が訪れます。

 

海辺の街なのでシーフードなどの新鮮な食材を活かした料理を楽しんでみましょう!

アバディーンの観光名所

■ 有名観光スポット

【アバディーン海洋博物館】
※21年10月現在、閉業の情報あり

【セント・マチャーズ大聖堂】
【クレイギーヴァー城】

■ こちらも忘れちゃいけない!

【ダシー・パーク】
※広大な植物園なので、ゆっくりする際に◎

■ 遠出して!

【スペイサイドでウイスキーの旅】

などなど・・・

ウイスキーファンはぜったいに外すことが出来ないのが聖地「スペイサイド」へのウイスキー巡礼。

 

ウイスキーの代名詞であるスコットランドのウイスキー(スコッチ)で昔から名産地として知られているのがスコットランド北東部、今回のエロンから北西にある「エルギン Elgin」。

 

この町を基点に周囲には高級ウイスキーの代表「マッカラン醸造所」や世界で最も売れているシングルモルトの2つ名を持っていた「グレンフィディック蒸溜所」があります(現在は同じエリアのグレンリベット醸造所)

ウイスキーファンはもちろん、興味のあるひとも足を運んで巡って欲しい!

ROCK
行くときは現地出発の巡礼ツアーがベター(試飲と運転を考えると・・・)

TIPS:スコットランドの基本情報

国名:大(グレート)ブリテンおよび北アイルランド連合王国

首都:エディンバラ

言語:英語・スコットランド ゲール語

人口:545万人(2019年)

宗教:キリスト教がメイン

日本から直通便:ロンドンなどから経由

通貨:UKポンド 1ペソ=平均150円前後

日本との時差:8時間ほど遅い(日本が昼12時なら、明け方4時) 

ビール業界でクラフトビール革命を起こすため爆進する![BrewDog]

ブリュードッグといえば、知っているひとはすぐに連想する独特の会社ロゴ。


※(参照画像:ブラッケンと同種のチョコレートラブラドール)

モチーフになったのは2人の創業者と1匹のワンちゃん(雄のチョコレートラブラドール 名前はブラッケン Bracken)でした。

参照画像:BrewDog HPより

創業者はジェームズ ワット氏とマーティン ディッキー氏の2人。

 

2人は小学校の時代から親友で、ワット氏は元トロール船の船長・ディッキー氏は大学で醸造学を学んだという経歴の持ち主。

彼らは2007年4月にフレイザーバラで醸造所を立ち上げるまでディッキー氏の家の車庫で醸造していました。

 

まだ自分たちの醸造所ものちの代表作となるパンクIPAも出来ていない時期。

参照画像:ビアハンターHPより

それでも、彼ら2人が作り出すビールの凄さは超有名なビアライター「マイケルジャクソン氏」をして「君たちは今すぐビール造りに専念した方が良い」と言われるほど。

ROCK
かの有名なビアライターと親交があったそうです

ひたすらにディッキー氏の車庫でビール造りにまい進し続ける2人。

 

そのときに「自分たちが目標とする」ビールブランドとしてアメリカの「シエラネバダ ペールエール」を挙げています。

【レビュー】アメリカ シエラネバダ ペールエール:味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

※Sierra Nevadaの創業者:ケン・グロスマン氏
参照画像:Forbes.com HPより

シエラネバダはアメリカの大手ラガーが席巻していた1980年代にカリフォルニア州の片田舎でケン・グロスマン氏が立ち上げたブルワリー。

 

創業期にリリースされた「ペールエール」は40年以上経った今もなお、世界中のブルワリーから目標とされるほどに完成されたブランドです。

参照画像:BrewDog HPより

銀行から創業資金を得ることに成功した2人は、2007年4月に念願の醸造所を設立することができました。

ROCK
この辺りの資金調達についてはワット氏の自伝で面白く描かれています(笑)

「イギリスの退屈な大衆ビール文化を破壊し、飲むひとを自分たちと同じぐらいにクラフトビールに夢中にさせる」

現在も経営理念(ブリュードッグ憲章)に掲げられている彼らの使命は最初に生み出した「パンクIPA」とともにここからスタートしました。

当時の英国ビール業界に嵐を巻き起こす思想と販売戦略には大手ビールメーカーが相次いで苦情を寄越してきたそうです。

 

業界の苦情も馬耳東風、ブリュードッグは「クラフトビールで人々を夢中にさせる」ことだけに心血を注ぎ2年目の2008年には世界数か国(日本・アメリカ・スウェーデン等)に輸出が開始。

 

2009年には輸出先のスカンディナビア半島(北欧3ヵ国)で爆発的にパンクIPAが人気となり「英国で最も成長している醸造所」として評価される事態に。

参照画像:BrewDog HPより

創業からわずか2年でフレイザーバラ醸造所の設備ではまるで足りず、増産のための設備・土地を増やしていかなければならないほど嬉しい悲鳴が続いていきます。

 

この年にワット氏はブリュードッグを飲んでくれているファンとこれから飲んでくれるファンとの距離を縮める経営戦略を打ち出しました。

それが「パンク株」という投資方法

参考

<パンク株って?>

 ▶ 通常の株式のように1株95£で購入する資金調達方法だが・・・

  ① 購入者には「死ぬまで」オンラインショップで20%OFF

  ② 「死ぬまで」ブリュードッグ直営店のBarで10%OFF

  ③ ブリュードッグのおごりでバースデービールプレゼント

  ④ ブリュードッグ商品券10£プレゼント

ほかにもたくさん・・・!

購入した時の特典が目白押し・・・!

優待サービスなんでしょうけど、死ぬまでってスゴイ・・・!
春田さん
ROCK
この思い切りの良さが「パンク」なのかも

この風変わりな戦略は当時の銀行やコンサルタントなどから「ぜったいに上手くいかない」と言われていました。

そんな外野の意見を完全に馬耳東風、実際に打ち出してみたところあっという間に数千もの申し込みが殺到・・・!

 

「他人の意見などまるで気にしない、自分たちが一生懸命考えてきたことを信じてやりきる」

 

というブリュードッグの強い意志と一貫した主張が成し遂げた結果なのでしょう。

 

そんなワット氏とディッキー氏のブリュードッグですが、経営戦略の奇抜さだけでなく「ビール」にも彼ららしい超パンクなブランドで世界にメッセージを投げかけています。

参照画像:BrewDog HPより

ROCK
例えば、交通事故で亡くなった動物をはく製にしたブランド

参照画像:BrewDog HPより

ROCK
アメリカのパリ協定脱退を皮肉ったブランド「make earth great again」

参照画像:BrewDog HPより

ROCK
ウィリアム王子夫妻婚姻に伴ってバイアグラビールも!?

こうした各ブランドにはブリュードッグからの「確かな」メッセージが込められています。

ビールを通じて「見る人」「飲む人」に思いを強烈にぶつけてくる姿勢は度々大きな反響(クレームも)を引き起こしますが、そんなブリュードッグのスタイルがパンクでカッコ良い!として熱狂的なファンが世界中に生まれ続けています。

 

現在では、スコットランド以外にアメリカ・オーストラリア・ドイツにも自社醸造所を設立し、直営店のBar100店舗以上、総売上は4億8,400万US$(2020年)と超弩級の結果を残し続けているブリュードッグ。

 

世界の大手ブランドの地位を脅かす勢いと成長速度を見せつける彼らから目を離してはいけません

まとめると

<創業者>

・ジェームズ ワット  (経営担当)

・マーティン ディッキー(醸造担当)

・ブラッケン     (役員、ワンちゃん)
※ロゴモデルになった、2012年に死去

<創業年>

・創業前   マーティンの家の車庫でビール造りを開始

・2007年     フレイザーバラで「Brew Dog」誕生 

        最初の1号ビール「パンクIPA」誕生 

・2008年  世界数か国への輸出を開始

・2009年 ファンとつながる資金調達方法「パンク株」開始

・2010年 アバディーンで最初のBarをオープン

     55%のブランド「The End of History」で世界を震撼

・2012年 醸造所を現在のエロンに移動

     英国で最も急成長している会社として表彰

・2013年 アメリカで2人による「BrewDogs TV」番組放映スタート

・2014年 全世界55ヵ国でBrewDogブランドの販売達成

・2018年 初のホテル事業「THE DOGHOUSE」をオープン

・2019年 世界5拠点(米・豪・独・英)で生産する体制に

これまでリリースした種類はなんと400種類以上!代表ブランドを紹介

世界でも類を見ないブランド数を排出してきたブリュードッグ。

 

本国のHPではリリースされたラインナップ名をまとめて確認できますが、あまりに多すぎて収集がつきません・・・(笑)

ROCK
とても書ききれないです・・・(笑)

ということで、ここでは日本で入手しやすい現行品に絞ってご案内しております👇

ラインナップ

パンクIPA          (5.6%)

■ ジャックハマー IPA     (7.2%)

■ デッドポニークラブ     (3.8%) 

■ クロックワークタンジェリン  (4.5%)

■ ダブルパンク ダブルIPA    (8.2%)

■ ヘイジージェーン      (5.0%)

ほかにもたくさん・・・・!   

公式HP(英語)

数々のブルワリーとコラボビールブランドをリリースしていることでも知られるブリュードッグ。

 

もしもリカーショップでまだ飲んだことの無いブランドがあったら、飲んでおかないと飲めなくなるかも??

 

ブリュードッグ エルビスジュースのレビュー まとめ

こんな方におすすめ

  • 柑橘系のフルーツビールが好きなひと
  • ブリュードッグファン
  • ラガービールが苦手なひと

こんなシチュエーションで

  • カクテル扱いで楽しく
  • 友達といっしょに

グレープフルーツの風味を楽しみながらIPA!という異色の「エルビスジュース」。

 

たまには定番のビールから一歩飛び出してスコットランドの超有名クラフトビールを楽しんでみませんか?

 

至福の時間をぜひ。

-スコットランド, ヨーロッパ

© 2022 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5