ドイツ ヨーロッパ

【レビュー】ドイツ ラーデベルガー:味の特徴とこんなひとにオススメ!

ROCK

1985年長野県生まれ これまで51か国を訪問 これまで飲んだ海外ビールブランドは200種類以上 2021年6月びあけん3・2級併願合格 現在、日本のクラフトブルワリーと協力してオリジナルビールブランドを製作中

このビールはこんな感じ!

  • 力強い麦の風味とホップの苦みを感じる本格派ドイツピルスナー
  • レーベンブロイより濃いビールを探しているひとにおススメ
  • 「苦みに弱い」ひとは要注意
  • ドイツ最古のピルスナーと言われる味わいをぜひ

Guten Tag!(グーテン・ターク!)

 

本日の一杯はドイツ東部の街ドレスデンで作られているピルスナー「ラーデベルガー」をご紹介します。

 

ドイツの伝統的ビールブランドのなかで、最古のピルスナーブランドとして知られている当ブランド。

 

麦の力強い味わいと痛快なホップ、黄金色の液面はまさに正統派ピルスナー。

 

ROCK
もし買うなら後述するリカーマウンテンが絶対おススメ!

 

もくじ

ラーデベルガー 基本スペックとおススメできるひと

価格帯    

 ☆ 200円レンジ(リカーマウンテン)

入手難易度

 ☆☆ 海外リカーに強い酒屋で入手可能

アルコール度 

 5.0%

タイプ    

 ピルスナー

ラーデベルガーの味わい

  • 小松菜の茹で汁を思わせる香り、穀物の力強い味わい
  • 飲み終わりにじわーっとホップの苦みが強く出てくる
  • 炭酸の刺激と苦みで爽快感を味わえる

テイスト分布図

参考

数値について

▶あっさり:4.0 ☞強い爽快感

▶コク  :2.5 ☞適度なコク

▶苦み  :3.5 ☞強めの苦み

▶酸味  :1.5 ☞控えめ

▶甘み  :2.0 ☞やや控えめ

こんな方におすすめ

  • 本場ドイツビールを飲みたいひと
  • 爽快感とコクのバランスが良いピルスナーを飲みたいひと
  • 値段が手ごろなビールを探しているひと

こんなシチュエーションで

  • 日常のあらゆるシーンに
  • 食事をとりながら
  • まとめ買いでストックして

日本のピルスナーより断然苦い!がコクや爽快感も備えた【ラーデベルガー】

ROCK
リクエストの多かったビールブランドをついに解説です!

ということで今回ご紹介するのがドイツのピルスナービール「ラーデベルガー」。

 

何か特別なビールなんですか??
春田さん
ROCK
じつはスゴイ歴史と実績を持っているブランドなんです

ポイント

<ここだけ読めばスゴさが分かる!>

Q:ラーデベルガーの何がスゴイの??

 ①プロイセン宰相ビスマルクが認めた旨さ!

 ②公室からは「王の飲み物だ!」とお墨付き!

 ③ドイツで最初のピルスナーブランド!

ROCK
スゴクないですか??
たしかにスゴイですね・・・!
春田さん

しかも創業は1872年とドイツのビールブランドでは新興枠に入るというから、短い社史の中でこれだけの実績を得ています。

 

そんなラーデベルガーですが、グラスに注いでみると不思議!

ROCK
小松菜の茹でた時のにおいを感じました・・・

思わず自分の鼻を疑いましたが、気にせずグビりとひとくち。

一転してその力強い麦の味わいとホップのガツン!とくる苦みに「美味い!」と納得しました。

ROCK
しかし、苦みが強い・・・!

それもそのはず、ラーデベルガーは苦みを表す国際指数[IBU=International Bitteress Units]において「33」という高い数値。

うーん、ピンとこないです・・・
青井くん
ROCK
アサヒ・スーパードライの2倍にがいと表現すれば分かるかも

(※アサヒ・スーパードライでIBU:16と言われています)

私は苦手かも・・・
春田さん

という風に「ビールの苦み」に対して強くないひとにはおススメ出来ないブランドです。

 

ドイツ」「ガツンと来る苦み」「のど越し爽快

 

このあたりの特徴に興味を惹かれるひとには、間違いなくハマるでしょう。

 

余談ですが、ドイツ最古のピルスナーは「ラーデベルガー」と言われておりますが、世界的に最古のピルスナーなのは「ピルスナーウルケル」と言われています。

【レビュー】チェコ ピルスナーウルケル:味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

ドイツの隣国チェコで生まれたピルスナーウルケルと比べるとラーデベルガーは「よりスッキリして爽快」なのが感じられます。

 

どちらも非常に美味しいブランドですので、ぜひ「ドイツ派」「チェコ派」ピルスナーで味比べしてみては??

※そもそもビールの種類や原材料についてよく分からない!というひとにおススメの記事

【ビールの知識シリーズ①】ビールの種類は2つ覚えればOK!わかりやすく解説します!

続きを見る

【ビールの知識シリーズ②】原料・副原料のことを知ってビールをもっと楽しもう!

続きを見る

一部リカーショップで販売:買うなら断然リカーマウンテンが◎

ROCK
念のため言っておくと、リカーマウンテンの回し者ではありません笑
そうなんですね(てっきりそうなのかと)
青井くん

というのも、ラーデベルガーを輸入しているのは「都光(トーコー)」という会社で後述するリカーマウンテンの子会社。

 

ラーデベルガー自体はリカーマウンテン以外のリカーショップでも目にすることはありますが、問題は販売価格。

ROCK
リカーマウンテンだと200円ぐらいで買えます!

比較としてビックカメラのリカーショップ「ビッグ酒販」で同じラーデベルガーを見つけたのですが、その時は350円ぐらいしていました。

ROCK
価格差!

冷静に考えたら、自社で直輸入している分目玉商品として販売しますよね・・・。

※画像をクリックするとリンク先に飛びます

ということなので、もしあなたのお近くにリカーマウンテンがあったらぜひ訪れてみてください。

 

こと「ラーデベルガー」に関しては、ぜったいにリカーマウンテンで購入するのがオトクです。

でもリカーマウンテンが近所に無いな・・・
青井くん

というひとは「リカーマウンテン・オンラインショップ」をのぞいてみましょう!

輸入元の「都光」はリカーマウンテンのグループ会社

ラーデベルガーの裏面に記載されている「輸入元:都光(トーコー)」。

 

調べてみると、酒屋「リカーマウンテン」のグループ会社でした。

 

1948年に東京・上野で都光商事として創業し、2012年にリカーマウンテンの100%子会社となっています。

 

都光では今回のラーデベルガーをはじめ、当サイトで紹介したスペインの「ダム社DAMM」の輸入をしています。

【レビュー】スペイン エストレージャ ダム:味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

【レビュー】スペイン ボルダム ダブルモルト:味の特徴とこんなひとにおススメ!

続きを見る

詳しくは都光のHPで

ラーデベルガーを作り続けている:ドイツ東部の都市ドレスデンへ

ROCK
ドイツのドレスデンと聞いたら何を思い浮かべますか?
たしか、世界大戦で深刻な被害にあった街だったかと・・・
春田さん
歴史の授業で習いましたね・・・
青井くん

第2次世界大戦終戦直前の1945年2月に発生した連合軍による大爆撃。

 

当時のドレスデンはドイツでも最高のバロック様式の建物が連なる風光明媚な都市でした。

 

ドイツ軍は主だった軍事設備をドレスデンに配備しておらず、そのためドレスデンだけは襲われる可能性は無いと考えていたと言われています。

 

そうした背景のなかで連合国軍がおよそ2週間に及ぶ大爆撃で都市の9割弱は灰燼に。

 

死者25,000人以上とも言われる大被害に見舞われました。

ROCK
関心のあるひとはググると当時の写真が出てきます・・・

街のほとんどががれき・骨組みだけになってしまったドレスデンでしたが、人々が長い年月をかけて少しずつ最盛期の風景を取り戻していきます。

当時存在していた建物のいくつかは今も無い状態ではありますが、今のドレスデンでは再建された美しい建物・街並みを楽しむことができます。

ドレスデンの観光名所

■ 観光スポットには

【ドレスデン城】
【フラウエン教会】
【ツヴィンガー宮殿】

■ 歴史を学ぶ

【アルテ・マイスター絵画館】
【オペラハウス・ゼンパーオーパー】

■ グルメ巡り

【アルトマルクト広場周辺】

またドレスデンはチェコ・プラハと片道3時間で行ける距離にあります。

プラハはチェコの首都であり当サイトでご紹介しているブランド「スタロプラメン」ブランドの生産拠点

【レビュー】チェコ スタロプラメン:味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

もしドレスデンを訪れる際は日帰り観光でプラハに立ち寄ることも検討してみては?

TIPS:ドイツの基本情報

国名:ドイツ連邦共和国

首都:ベルリン

言語:ドイツ語

人口:約8,300万人(2019年)

宗教:キリスト教(カトリックとプロテスタント半々といわれる)

日本から直通便:フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフが結んでいる

通貨:ユーロ€(1€=平均120円前後)

日本との時差:8時間差(日本が12時なら独が明け方4時~)

創業者はまさかの5人!?短い歴史ながら王に愛された【ラーデベルガー醸造所】

参照画像:ラーデベルガーHPより

ドイツ東部の都市ドレスデンからさらに北東。

 

国鉄「ラーデベルグ Bahnhof - Radeberg」駅から徒歩で10分ほどの距離に醸造所「Radeberger Exportbierbrauerei GmbH」があります。

参照画像:ラーデベルガー公式HPより

このラーデベルグ村から全世界に向けて金色のピルスナーが輸出されていくわけです。

 

今ではドイツ国民が愛するピルスナーブランドとしてTOPクラスの支持を受けているばかりか

時のプロイセン宰相ビスマルクから帝国認定醸造所の名誉まで受けているラーデベルガー。

 

ですが、意外と社史としては浅く1872年から歴史が始まります。

 

この時代にまつわるビールとして挙げないといけないのが「ピルスナー」の存在。

ラーデベルグ村は隣国チェコと数十キロしか離れていません。

参照画像:公式HP

そのチェコで世界的発明をしたのが西部の街プルゼニュで操業していた「プルゼニュスキー プラズドロイ醸造所」

当サイトで紹介、管理人大好きなブランド「ピルスナーウルケル」を生み出した醸造所です。

【レビュー】チェコ ピルスナーウルケル:味の特徴とこんなひとにオススメ!

続きを見る

プルゼニュスキー プラズドロイ醸造所は1842年にピルスナーという金色に輝きのど越しの良いラガー系ビールを作りだし世界を震撼させました。

 

正確には「ボヘミアンピルスナー」というビアスタイルとして近隣諸国へとあっという間に広まっていったピルスナーはそれまでのビール=エール系を駆逐する勢い。

 

当然ドイツでもボヘミアンピルスナーの出現は大いに刺激されました。

参照画像:ラーデベルガーHPより

そんなビール業界のなかで1872年1月ラーデベルグ村に「とある5人の男たち」が居酒屋に集まります

 

彼らは互いにビールを持ち寄って、これまでに無い独自のドイツ式ピルスナーを作ろうと画策しました。

ROCK
この5人の男たちがラーデベルガーの創業者です

ポイント

<ラーデベルガーの創業者たち>

グスタフ・フィリップ(Gustav Philipp)

→のちの醸造所の初代所長(裁判官)

マックス・ランペルト(Max Rumpelt)

→ラーデベルグの市長

※画像無し

フロレンツ・ジュリアス・シェーン(Florenz Julius Schone)

カール・ヘルマン・ラッシェ(Carl Hermann Rasche)

→市議会の会計

ハインリッヒ・ミンクヴィッツ(Heinrich Minckwitz)

→弁護士

※参照画像:ラーデベルガーHPより

あの・・・、みなさんビール造りのプロとかじゃ・・・
春田さん
ROCK
ええ、精通したひとは誰も居なかったと言われています

地元の居酒屋で素人らが集まって「こんなビールがあったら良いな!」と夢物語をアテに酒を飲む・・・。

 

日本の居酒屋でもありそうなシチュエーションですが、この5人は真面目にビール革命を起こそうとしていました

 

それは、彼ら1人1人が持っている資金力・知恵・共通のビジョンなど「持っている武器を」最大限有効に使って、どうすれば最高のドイツ式ピルスナーを作ることが出来るのか、徹底的にすり合わせたと言われています。

その情熱とラーデベルグ村の自然資源(水や気候など)を組み合わせて作り上げたのがラーデベルガーというドイツ式ピルスナー(ジャーマンピルスナー)。

 

ピルスナーウルケルを元祖とするピルスナー(ボヘミアンピルスナー)の誕生から30年後、ドイツ人の手によるオリジナルのピルスナーが出来上がりました。

 

その味わいはあっという間に大評判を呼び、時のプロイセン宰相ビスマルクや

ラーデベルグ村周辺を含み管理していたザクセン公国(首都をドレスデンとする)からは「王の飲み物=tafelgetränke für könig」という最高の賛辞をもらいます。

ROCK
ボトルネックにある紋章はザクセン公国のものです

2つの世界大戦をくぐり抜け、戦後の東西ドイツ時代のなかでも誇りあるブランドとして生産を続けてきたラーデベルガー。

現在は「Radeberger Gruppe KG」というグループに属してラーデベルガーを生産し続けています。

工場見学の情報について:21年6月現在は募集中止

参照画像:RadebergerGroupより

残念ながらコロナの状況下である現在では醸造所の見学を中止しています。

 

ですが、平時は見学可能ですので、いつの日か世界が落ち着いたときに訪れてみましょう。

詳しくはコチラ

ラインナップとしてはピルスナーのみ!

残念ながら、ラーデベルガーブランド自体は本製品「ピルスナー」しかありません。

 

ですが、グループ会社として様々なブランドの取り扱いに関わっています👇

補足

<ラーデベルガー以外>

▶ グループ会社として以下のラインナップ・ライセンスを所有

※クリックで拡大

参照:公式HP(英語)

ちらほら日本にも入ってきているブランドが見受けられます。

 

ラーデベルガーのレビュー まとめ

こんな方におすすめ

  • 本場ドイツビールを飲みたいひと
  • 爽快感とコクのバランスが良いピルスナーを飲みたいひと
  • 値段が控えめなビールを探しているひと

こんなシチュエーションで

  • 日常のあらゆるシーンに
  • 食事をとりながら
  • まとめ買いでストックして

ドイツの本格ピルスナーにして、最古のピルスナーブランド「ラーデベルガー」。

 

たまには日本の大衆ビールを離れてドイツの伝統的ピルスナービールを味わってみてはいかがでしょうか?

 

至福の時間をぜひ。

-ドイツ, ヨーロッパ

© 2021 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5