ドイツ ヨーロッパ

【レビュー】ドイツ ヴァルトシュミットヤコビヴァイス:味の特徴とこんなひとにおススメ!

ROCK

1985年長野県生まれ これまで51か国を訪問 これまで飲んだ海外ビールブランドは200種類以上 2021年6月びあけん3・2級併願合格 現在、日本のクラフトブルワリーと協力してオリジナルビールブランドを製作中

このビールはこんな感じ!

  • ヴァイツェンらしさ+トロピカル感を感じる贅沢な味わい
  • 「ヴァイツェン」が好きなひとにおススメ
  • 滅多に販売されていないため、入手に苦労する
  • ヴァイツェン好きにおススメしたい一押しブランド

Hallo!(ハロー)

 

本日の一杯はレア度が高く超希少ながら絶品のヴァイツェンビール「ヴァルトシュミットヤコビヴァイス」をご紹介します。

 

ROCK
ヴァイツェンの中では、群を抜いてクオリティが高い!

 

ヴァルトシュミットヤコビヴァイス 基本スペックとおススメできるひと

価格帯      

 ☆☆☆ 500円以上の高価格帯

入手難易度 

 ☆☆☆ 成城石井で入手またはネットで入手可能

アルコール度   

 5.5%

タイプ     

 ヴァイツェン

ヴァルトシュミットヤコビヴァイスの味わい

  • バナナ、トロピカルフルーツの甘く喜ばしい香り
  • 炭酸はおだやか、小麦ビールらしい軽やかさと甘みと酸味が全開ながら素朴で飲みやすい
  • 飽きずに次へ次へとビールが進む中毒性を持っている

テイスト分布図

こんな方におすすめ

  • ドイツビールが好きなひと
  • ラガータイプのドライッ!なテイストが苦手なひと
  • 美味しいヴァイツェンビールを飲んでみたいひと

こんなシチュエーションで

  • 鶏肉料理やウインナーといっしょに
  • まったりゆったりした気分になりたい時の気分転換に

のどかさとゆったりした空気が伝わってくるヴァイツェン[ヴァルトシュミットヤコビヴァイス]

ビンの形状と素朴なデザインカラーがクラフトらしさを感じさせるヴァルトシュミット。

 

その味わいは、伝統的なヴァイツェンスタイルのビールです。

ヴァイツェンといえば、ドイツで愛されているビアスタイルの1種で、その特徴はバナナのような甘い香りとふっくらした飲みごたえ。

 

日本で愛されているすっきり爽快!なラガータイプとはまったく違います。

このヴァルドシュミットも開けた瞬間からバナナを思わせる南国の香りがただよってきます。

 

グラスに注いで一口。

 

ROCK
めちゃくちゃ飲みやすい・・・!

 

このヴァルトシュミットの大きな特徴だと感じたのが「飽きのこない飲み口

 

ヴァイツェンはドイツを中心に各国で作られているスタイルの1種ですが、基本的な味わいは1・2杯で十分おなかいっぱいになるボリューム感。

ヴァルトシュミットには、小麦由来の甘みやふくよかさに南国フルーツを思わせる風味がしっかり主張してきます。

それでいて、飲み終わりは口に残らずさっと引いていく波のよう。

 

ROCK
500mlがあっという間に空いてしまいました・・・!

 

恥ずかしながら、ヴァルトシュミットを成城石井で見かけるまでその存在さえ知りませんでしたが

 

思わぬ良い出会いに感激したものです。

 

そんなヴァルトシュミットは、そのまま飲んでもOKなのですがせっかくなので食事といっしょに。

 

ヴァイツェンの色味から、白身魚系の料理やサラダとの相性がGood!

個人的には、フィッシュアンドチップスやムニエルといっしょに食べて欲しいところです。

 

ROCK
印象の残るヴァイツェンでした

※そもそもビールの種類や原材料についてよく分からない!というひとにおススメの記事

【ビールの知識シリーズ①】ビールの種類は2つ覚えればOK!わかりやすく解説します!

続きを見る

【ビールの知識シリーズ②】原料・副原料のことを知ってビールをもっと楽しもう!

続きを見る

成城石井の店舗でのみ購入可能:無ければネット検索に頼る


参照画像:成城石井HP

このビールを検索される方は【ドイツで見かけた】もしくは【成城石井で見つけた】という方ぐらいのものでしょう。

 

それだけ、一般では見かけることが稀なブランドなのが、ヴァルトシュミットヤコビヴァイス。

 

今回、ROCKが見つけたのは、首都圏の成城石井。

 

成城石井の売り場POPを見ると、直輸入!とのうたい文句。

 

ですが、首都圏の店舗を6店ほど巡ってみましたが、すべての店舗で販売しているブランドでは無いようです。

 

ROCK
しかも、成城石井オンラインショップでは扱っていない・・・

 

もしも、お近くの成城石井で運悪く取り扱っていないようでしたら、ネットに頼ることになるでしょう。

 

在庫さえあれば、確実に手に入るネットショッピング。

 

あなたの近くの店舗で見つけた際は、ぜひ買ってみることをオススメします!

 

 

ヴァルトシュミットヤコビヴァイスのふるさと:ドイツへ行ってみよう!

そもそも論、ヴァルトシュミットってどこで作っているのでしょうか??

 

正解は👇

 

ROCK
どこだか分からないわ!

 

という感想が聞こえてきそうなぐらいに、ドイツの主要都市から離れています(笑)

 

エシュルカムはバイエルン州に属する小さな村。

参照画像:エシュルカム村HP

人口はわずか約3,600人前後というのどかな農村です。

 

チェコとの国境沿いにあるだけに、周囲は清流と森に囲まれた大自然。

 

エシュルカムの観光名所

■ 定番だけどやってみたい

【ハイキング】【サイクリング】【川で魚釣り】

■ ちょっと遠出して

【ドラッヘン湖でカヌー】【冬場でのスキー】【ドラゴン博物館】などなど・・・

※詳細はエシュルカム公式HPから(ドイツ語)

もしも、エシュルカムに行く場合はチェコのピルゼンから向かってみるのが良いかもしれません。

 

ピルゼンはビールの歴史上、エールからラガーへのパワーバランス変換のきっかけになったビアスタイル「ピルスナー」発祥の地。

私が大好きなチェコビール「ピルスナーウルケル」醸造所のある街でもあります。

 

ROCK
旅する時間さえあれば、ゆっくりとビール醸造所めぐりをしてみたい・・!

わずか人口3,600人ののどかなエシュルカム(Eschlkam)と【Getränke Penzkofer社】

ローカルな場所のエシュルカムは中世ヨーロッパの景色をそのまま置いてきたかのような田園風景が残っており、タイムトリップしたような錯覚を起こすことでしょう。

 

今回ご紹介しているヴァルトシュミットヤコビヴァイスを醸造している会社とは?

参照画像:公式HPより

それが、創業1955年のGetränke Penzkofer社です。

 

大自然のなかで、ゆたかに育った麦と清らかな水。

 

美味しいビールに必要な条件の揃うエシュルカムで醸造しているGetränke Penzkofer社では、1991年に今回紹介したヴァルトシュミットブランドを打ち出します。

参照画像:公式HPより

ブランド名の由来は1832年にこのエシュルカムで生まれた作家「マクシミリアン・シュミット」から。

参照画像:Wikipediaより

 

彼の作品は時のバイエルン王ルートヴィヒ2世から愛されており、王からマクシミリアンに向けて送られた名前が「ヴァルトシュミット」でした。

 

「ヴァルト」はドイツ語で「森」を意味しており、マクシミリアンの作品の多くがバイエルン地方の森や山岳をテーマにしていたことから。

 

マクシミリアンの名称が由来となっているヴァルドシュミットは、エシュルカムで毎年開催されているエシュルカムオクトーバーフェストにも貢献。

※公式HP上からエシュルカムオクトーバーフェストの様子を動画で観ることができます👆

 

地域住民にとても愛されている名ビールブランドなのです。

 

ROCK
死ぬまでに訪れてみたい村に加えておきました♪

 

公式HP

ヴァイス以外にはラガータイプとアルコールフリーを提供

超レア度の高いヴァイツェンビールの「ヴァルトシュミットヤコビヴァイス」

 

醸造元のGetränke Penzkofer社では、あと2品種のビールを展開しています。

 

その他ラインナップ


■ Waldschmidt Das Helle(ラガータイプ)

■ Waldschmidt Alkoholfreies Weißbier(アルコールフリーのヴァイツェン)

公式HP(ドイツ語)

海外のアルコールフリーは、日本の製品と違って製造方法が違っています。

 

途中までビールと同じ製造を取りながら、最後の工程でアルコール分を抜き取る製法のため

 

ビール本来のうま味を残したアルコールフリー飲料になっています。

 

ROCK
ヤコビヴァイスのフリー飲料は間違いなく美味しいでしょう・・!

 

ヴァルトシュミットヤコビヴァイスのレビュー まとめ

こんな方におすすめ

  • ドイツビールが好きなひと
  • ラガータイプのドライッ!なテイストが苦手なひと
  • 美味しいヴァイツェンビールを飲んでみたいひと

こんなシチュエーションで

  • 鶏肉料理やウインナーといっしょに
  • まったりゆったりした気分になりたい時の気分転換に

ヴァイツェンビールの中でも品質が高く、満足感のひときわ高い「ヴァルトシュミットヤコビヴァイス」

 

たまには定番のビールから一歩飛び出してのドイツの激レアビールを楽しんでみませんか?

 

至福の時間をぜひ。

-ドイツ, ヨーロッパ

© 2021 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5