ベルギー ヨーロッパ

ベルギー マースピルス:味の特徴とこんなひとにオススメ!

この記事ではこんなことを解説します

■ マースピルスってどんな味なの?

■ マースピルスを醸造している会社のことを知りたい!

Hallo!(ハロー!)

 

本日の一杯はビール王国ベルギーでも珍しい本格ピルスナー「マースピルス」をご紹介します。

 

ROCK
数々の金賞を受賞したことのある本格派!

 

マースピルス 基本スペックとおススメできるひと

価格帯      

☆  300円付近

入手難易度 

☆☆ 海外ビールに強いショップか成城石井[店舗]で入手可能

アルコール度

5.0%

タイプ

ピルスナー

マースピルスの味わい

  • 甘酸っぱいチェリーがかすかに、麦の香ばしい香り
  • 炭酸の刺激と水のような透明感が強い
  • よく味わうことで麦の風味をとらえることができる
  • やや苦みが強い。同時におだやかな酸味もやってくる

参考

数値について

▶あっさり:4.0 ☞透明感を強く感じる

▶濃厚さ :1.5 ☞かなり軽い

▶苦み  :3.5 ☞やや強めの苦み

▶酸味  :2.5 ☞おだやかな酸味

▶甘み  :1.5 ☞ほのかに甘い

こんな方におすすめ

  • 苦いビールに抵抗が無いひと
  • さっぱりしたのどごしを楽しみたいひと
  • ベルギービールに興味があるひと
  • 日本の辛口ビールに慣れ親しんだ人

こんなシチュエーションで

  • 食中酒に
  • のどの渇きを癒したり、気分転換に

ビール大国ベルギーで辛口あっさりテイストな[マースピルス]

ベルギーのビールといえば、修道院で醸造されたトラピスト【シメイシリーズ、オルヴァルなど】や【ヒューガルデン】や【デュベル】のようなエールビールが連想されます。

 

奥行きのあるコクと複雑な風味、平均的に高めのアルコール度数が特徴のブランドが多いベルギービールですが

日本の大手ビールのように【ラガー】タイプのビールも醸造・提供されています。

 

そのなかでベルギーラガー系に代表されるブランドの1つが今回の「マースピルス」

参考画像:クリスタル公式HP

後ほど解説しますが、ベルギーのラガービールを最初に送り出したのがマースピルスを醸造する会社「アルケン-マース醸造所」が抱えるブランドの「クリスタル」

 

この「クリスタル」は1928年にリリースしましたが、このマースピルスは1946年リリースと歴史深いブランド。

 

現地ベルギーでも、本格ピルスナーとして愛飲されている醸造所です。

 

そんなアルケン-マース醸造所の1ブランド「マースピルス」ですが、そのテイストはベルギービールっぽくない辛口テイスト。

香りはほのかにチェリーを感じさせますが、そのテイストは終始「水」のような透明感。

刺激的な炭酸の強さとホップが生み出す強めの苦みは、飲んだ人に爽快感を与えます。

 

アクセントにおだやかな酸味も感じるため、結果としてバランスの取れたテイストになっています。

 

マースピルスは、その透明感からつまみやごはんを食べながら飲むのが良く食事の邪魔をしません。

のど越しが良いので、気分転換や渇きを癒す目的で使えます。

 

ROCK
グビグビ飲むのに適したブランドですね

リカーショップで入手できるが、成城石井で見つけることが可能

Aさん
マースピルスってどこで取り扱っているんでしょうか?

 

あまり一般のスーパーでは置いていないマースピルス。

都市に展開しているリカーショップ「やまや」「リカーマウンテン」

もしくは、輸入食品ショップの「北野エース」や「成城石井」であれば、可能性はあります(ちなみに、管理人は成城石井で購入しました)

 

Aさん
見つけられなかった場合は、ネット通販になりますか?

 

ROCK
頼みのネット通販ですが、意外と取り扱いが少ないです・・・

 

成城石井のオンラインショップがありますが、こちらには無し(21年1月現在)

 

店舗でも、置いてある店舗とそうでない店舗がありますので、購入するのは難易度が高いかもしれません。

 

輸入元の「ユーラシア・トレーディング」オンラインショップで取り扱っているので、最終手段として検討するのも良いでしょう。

ちょっとチェックしてみる

 

マースピルスの故郷:ベルギーの郊外アルケンに

ベルギーの首都「ブリュッセル」から電車で1時間ちょっと。

 

東部の町「アルケン」に到着します。

人口1万人程度の小さな町アルケンは、後述するマースピルスを醸造するアルケン-マース醸造所が旅のメインになりますが

 

町に点在する素朴な教会・修道院を自転車で見て回るのも推奨されています。

ここでは、アルケンでオススメする観光スポットを挙げていきます👇

アルケンの観光名所

■ ささやかながら

【アルケン-マース醸造所】【歴史工芸博物館】【聖ジョージ礼拝堂】

街並みをサイクリング

ROCK
こういった地方を巡る旅の方が面白かったりします!

TIPS:ベルギーの基本情報

国名:ベルギー王国

首都:ブリュッセル

言語:オランダ語・フランス語・ドイツ語

人口:約1,150万人(2019年)

宗教:キリスト教(カトリックが7割程度)

日本から直通便:ブリュッセルが結んでいる

通貨:ユーロ€(1€=平均120円前後)

日本との時差:8時間差(日本が12時なら白が明け方4時~)

1988年創業の【アルケン・マース醸造所】の歴史について

参照画像:公式HPより

会社の設立自体は1988年なのですが、それ以前は2つの醸造所【マース】【クリスタル・アルケン】が合併してできた醸造所になります。

 

【マース】【クリスタル・アルケン】ともに歴史としては1880年ごろまでさかのぼり、両醸造所ではベルギーで本格的なピルスナーの醸造を手掛けています。

 

クリスタル・アルケン醸造所は1928年5月にベルギーで最初のピルスナーを醸造し、続いてマース醸造所は1946年に「マースピルス」を醸造します。

両醸造所は自身のラインナップを拡充したのち、1988年に合併。

最終的には2008年にハイネケングループの傘下に入っています。

 

現在、アルケン-マース醸造所では3か所に工場があり、それぞれ作っているブランドが異なります👇

 

アルケン-マース醸造所の拠点

■  アルケン    = ピルスナー他ブランド含め醸造【会社最大の工場】

■  アフリゲム   = トラピスト醸造【ベルギー最古の醸造ブランド】

■  モートスバイト = ランビック醸造【ビアカフェとしてブリュッセルで運営中】

ブリュッセルにあるモートスバイトだったら、時間が無い旅でもアルケン-マースブランドの樽生を楽しめるので訪れる価値があります。

モートスバイトの公式HPはこちら

ビアカフェはこちらにあります👇

 

 

<Information>

公式HP

マースピルス以外にも多彩なブランドを多数所有

アルケン-マース醸造所では、代表的なピルスナー「マースピルス」以外にも多くのラインナップを用意しています。

その他ラインナップ


■ クリスタル ラガー  (5.0%)

グリムベルゲン シリーズ

■ モートスバイト シリーズ

■ アフリゲム   シリーズ  などなど・・・

公式HP(オランダ語)

抱えているブランドが豊富なため、見つけたら試してみたいもの。

 

ベルギー初のピルスナー【クリスタル】は必飲のブランド。

 

ROCK
いつか輸入品で入ってきて欲しいです

 

マースピルスのレビュー まとめ

こんな方におすすめ

  • 苦いビールに抵抗が無いひと
  • さっぱりしたのどごしを楽しみたいひと
  • ベルギービールに興味があるひと
  • 日本の辛口ビールに慣れ親しんだ人

こんなシチュエーションで

  • 食中酒に
  • のどの渇きを癒したり、気分転換に

ベルギーでも珍しい本格ピルスナー「マースピルス」

 

たまには、日本の大衆ビールを離れてベルギーのピルスナービールを楽しんでみては??

 

-ベルギー, ヨーロッパ

© 2021 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5