デンマーク ヨーロッパ

デンマーク カールスバーグ:味の特徴とこんなひとにオススメ!

 Hej!(ハイ)

そのグリーンボトルに貼られたエチケットには輝く王冠のマーク。

デンマーク王室御用達の実力派ビール「カールスバーグ」を今回解説します。

ROCK
世界第4位の実力はやはり素晴らしいクオリティです!

 

基本スペックの評価について👇

価格帯

☆ 日本の大衆ビールレベルの値段

☆☆ 日本のビールの2〜3倍 400〜600円前後

☆☆☆ 600円以上の高級価格帯

入手難易度

☆ スーパー・コンビニで入手可能

☆☆ 海外ビールに強い酒販で入手可能

☆☆☆ ネットショップが可能性あり?

 

カールスバーグ 基本スペックとおススメできるひと

価格帯     ☆  日本のプレミアムビールと同等

入手難易度 ☆  スーパー・一部コンビニで入手可能

アルコール度   5.0%

タイプ     ピルスナー

カールスバーグの味わい

  • かすかに麦の香りがする程度
  • コショウのようなピリッとした辛みを思わせるキレと炭酸の刺激
  • 麦の味わいは抑えているので、のど越しで楽しめる

テイスト分布図

こんな方におすすめ

  • 水のようにぐいぐいっと飲めるビールが好きなひと
  • 濃い・重たい味わいのビールが苦手なひと
  • ビールを飲むとき、つまみをあまり必要としないひと

こんなシチュエーションで

  • 趣味に没頭しているときの相棒に
  • 友人たちと宅のみをするとき
  • 毎日の晩酌に

 

カールスバーグはキレとのどごしの良さが楽しめるデイリー向きビール

抜栓して、グラスに注いだときに立ち込める香りは、かすかに麦の香ばしさを感じる程度ですが

スパードライを思い出すほどに、コショウのようなスパッとした辛味とキレのある苦みが特長の辛口ビールです。

カールスバーグはグラスに注ぐと味の深みを感じ取ることが出来るのですが

現地のデンマーク含めて海外で飲んでいると、だいたい「ラッパ飲み」で楽しんでいる方が圧倒的に多いです。

※以前紹介したメキシコのコロナビールのような状況

 

もしも、料理といっしょに楽しむのであれば

デンマークの名物「オープンサンドイッチ」を用意すると良いでしょう。
※(自分で簡単に作れたりしますので、ぜひ挑戦してみるのも◎)

ボトルのデザインセンスもさることながら

デンマーク人のようにすらっとした背高いボトルは「おしゃれ」なオーラ。

仕事終わりに冷蔵庫から取り出す瞬間から、きっと飲むのが楽しくなることでしょう。

イベントごとなどのシチュエーションにもおしゃれにキマるブランドなので、ぜひアクティビティのおともにぜひ!

ROCK
そこにあるだけで、場がカッコよくなるイケメンビールブランド・・!

 

※近所のスーパー・コンビニで買える海外ビールをまとめて8本紹介しています👇

ほかのビールも見てみる?

 

200円前後が最安か:ネット販売から入手するのがオトク

ROCK
プレミアリーグ見ながら飲みたい・・・!

サッカー見ながら飲みたいビールにランクインするカールスバーグ。

 

酒販に強いリカーショップやスーパーで置いてあり、見つけるとおもわずニヤッとしてしまうぐらいに好きなブランドです。

 

夜の繁華街向けにドリンクを供給しているような街角の酒販店だと結構な確率で販売していることも。

 

おおよそ1本あたり220円~で販売していると、安い範囲。

 

もしも【最安】で購入したい場合は、Amazonや楽天のような通販サイトから購入するのがベストでしょう。

 

1本あたり200円程度で入手できるので、もはや日本の大衆ビールとまったく変わらない価格帯👇

 

カールスバーグの出身地:デンマークの首都コペンハーゲン

日本から、およそ8,600km。

12時間のフライトで首都コペンハーゲンに到着です。

※カンジナビア航空がコペンハーゲンへの直行便を運航  日本の空港は成田のみ。

「コペンハーゲン中央駅」を中心に観光名所が点在しているのでメトロやバスを有効活用して1日で巡ってみましょう。

コペンハーゲンは自転車の利用者が多いことでも知られている都市。

公共のレンタサイクルで街巡りしてみるのも良い方法なので、余裕と勇気がある方はぜひ。

おもな観光スポット

■  カステレット要塞跡と人魚姫の像(コペンハーゲンを代表する名所)

■ ニューハウン(港町らしい雰囲気を味わえるエリア)

コペンヒル(ごみ焼却場の屋上にスキー場を設けたNewスポット)

ROCK
初夏にかけてハイシーズンに訪れたいところですね!

コペンハーゲンにある「ビジターセンター」にはぜったい訪れよう!(改装中)

メーカーとしての歴史は古く、1847年に誕生したカールスバーグ。

創業者の息子さん(カール)と山を意味するバーグという単語を組み合わせたのが命名の始まり。

いまや世界140か国以上に輸出される一大ビールブランドに成長を遂げたカールスバーグの拠点は

コペンハーゲン中央駅からすぐ「カールスバーグ」駅が最寄り。

 

2020年9月現在、改装中のため一部閉鎖していますが、コロナが落ち着いた頃にぜひ訪れてみてください。

詳しくはコチラ

 

日本ではスタンダード品のみ(海外では多数のラインナップあり

日本では残念ながらグリーンボトルのスタンダード品しか見かけませんが

海外では以下のラインナップで展開されているカールスバーグ。

メモ

■ カールスバーグ  チル 4.5%

■ カールスバーグ 1883 4.6%

■ カールスバーグ エレファント 7.2%  などなど・・・・

しょうじき、めちゃくちゃラインナップが豊富です(笑)

ほとんどが海外でしか飲めないブランドばかりなので

もし北欧へ訪れることがあれば、街の酒屋さんで手に取ってみてはいかがでしょうか?

ROCK
日本でも手に入るようになってほしい・・・!

 

カールスバーグのレビュー まとめ

こんな方におすすめ

  • 水のようにぐいぐいっと飲めるビールが好きなひと
  • 濃い・重たい味わいのビールが苦手なひと
  • ビールを飲むとき、つまみをあまり必要としないひと

こんなシチュエーションで

  • 趣味に没頭しているときの相棒に
  • 友人たちと宅のみをするとき
  • 海を見ながら

 

飲むだけでなんだかオシャレ上級者の気分になれる「カールスバーグ」ビール。

たまには定番のビールから一歩飛び出してデンマークのビールを楽しんでみませんか?

至福の時間をぜひ。

-デンマーク, ヨーロッパ

© 2020 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5