ベルギー ヨーロッパ

【レビュー】ベルギー プリムス:味の特徴とこんなひとにオススメ!

ROCK

1985年長野県生まれ これまで51か国を訪問 これまで飲んだ海外ビールブランドは200種類以上 2021年6月びあけん3・2級併願合格 現在、日本のクラフトブルワリーと協力してオリジナルビールブランドを製作中

このビールはこんな感じ!

  • チェリーと麦の味わいを楽しめる、炭酸強めのビール
  • 「爽快感とのどごし」を重視するひとにおススメ
  • 「チェリー感」が苦手なひとにはやや難しいか
  • 本国ベルギーで高い人気を誇るピルスナー

Hallo!(ハロー!)

 

本日の一杯はビール王国ベルギーからコクのあるピルスナー「プリムス」をご紹介します。

 

ROCK
ベルギーのピルスナー市場でNo3の実力をぜひ!

 

プリムス 基本スペックとおススメできるひと

価格帯      

☆☆☆  500円以上

入手難易度 

☆☆ 海外ビールに強いショップか成城石井[店舗]で入手可能

アルコール度

5.0%

タイプ

ピルスナー

プリムスの味わい

  • ホップの香りとチェリーのような甘味
  • コクがありながら心地よい苦み
  • 炭酸の刺激で爽快感と喉ごしを強く感じる

参考

数値について

▶あっさり:3.5 ☞強め

▶濃厚さ :2.5 ☞適度に

▶苦み  :3.0 ☞やや強めの苦み

▶酸味  :2.0 ☞おだやかな酸味

▶甘み  :2.0 ☞チェリー風の甘み

こんな方におすすめ

  • ラガータイプで旨味やコクを重視するひと
  • ベルギービールに興味があるひと
  • 炭酸の刺激こそ「ビール!」と思えるひと

こんなシチュエーションで

  • 食事前の一杯に
  • クラシックを聴きながら
  • 一息つきたいとき

ビール大国ベルギーで3番目に大きい大規模ブランドの[プリムス]

ベルギーのビールといえば、修道院で醸造されたトラピスト【シメイシリーズ、オルヴァルなど】や【ヒューガルデン】や【デュベル】のようなエールビールが連想されます。

 

奥行きのあるコクと複雑な風味、平均的に高めのアルコール度数が特徴のブランドが多いベルギービールですが

日本の大手ビールのように【ラガー】タイプのビールも醸造・提供されています。

 

そのなかでベルギーラガー系に代表されるブランドの1つが今回の「プリムス」

以前、ベルギーで最初にリリースしたラガービールブランドが出している「マースピルス」をご紹介しましたが

 

プリムスもベルギーではよく知られたビールブランドです。

 

マースピルスと比べるとテイストはコクのあるタイプに分類できます。

 

グラスに注いでみると、麦の甘~くふっくらした香りが感じ取れます。

 

ROCK
麦の香りってほっこりした気持ちになるので好きです

テイストは麦のコクを感じつつ、面白いと思ったのが「チェリー」っぽい甘み。

 

ROCK
何度もテイスティングしてみましたが、どうしてもチェリーの印象が

 

ラガータイプだけあって、炭酸の刺激は強め。

 

旨味とビールにのど越しを求めているひとに、向いているブランドです。

 

よりさっぱりしたタイプが好きなひとには、マースピルスかステラアルトワの方がオススメです。

 

ROCK
日本のビールと比べても違和感なく楽しめるタイプのブランドです

※そもそもビールの種類や原材料についてよく分からない!というひとにおススメの記事

【ビールの知識シリーズ①】ビールの種類は2つ覚えればOK!わかりやすく解説します!

続きを見る

【ビールの知識シリーズ②】原料・副原料のことを知ってビールをもっと楽しもう!

続きを見る

リカーショップで入手できるが、成城石井で見つけることが可能

春田さん
プリムスってどこで取り扱っているんでしょうか?

 

一般のスーパーにはまず置いていないと思って良いプリムス。

 

管理人ROCKは輸入食品ショップの「成城石井」で購入しました。

 

春田さん
お店に行ったけど、置いてませんでした・・・

 

という場合があります。

 

取り扱いについては、全店舗で置いているというワケではないようで

 

置いてある店舗とそうでない店舗があるため購入するのは難易度が高いかもしれません。

 

探し回るのがツライ!という方はネット通販に頼ってみるのが早いかもしれません。

 

ネット通販は「まとめ買い」対応が多いですが、誰かとシェアするなら手かも。

 

ROCK
ちなみに成城石井オンラインショップにも置いていないという・・・

東京駅でプリムス樽生が飲めるPub「東京ビアパラダイス八重洲」はいかが?

ROCK
缶や瓶で飲んでみるのも良いのですが、せっかくなら!

 

ということで首都圏に住んでいる方にオススメしたい樽生プリムスが味わえる場所へ!

 

そのお店「東京ビアパラダイス八重洲」は東京駅八重洲口から徒歩8分ほど。

 

樽生の実力を知りたくて潜入してみました。

・八重洲地下街「6番出口」から「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」へ

・東京ビアパラダイス八重洲は同ビル地下1階

東京ビアパラダイス八重洲は輸入会社「ユーラシア・トレーディング」が管理しているベルギービールPab。

ユーラシア・トレーディングの詳細

特長は何と言っても「プリムス」の樽生が飲めるということ!

 

ROCK
なかなか提供していないプリムスが楽しめるのはスゴイです!

さっそく、プリムス[グラスSize]をサーブしてもらうことに。

あてはフリッツ(マヨネーズ添え)をチョイスしました。
※フリッツ=ベルギー式フライドポテトのこと

 

ROCK
ベルギービールのお供といえば、フリッツですね

樽生はやはり美味しい!

 

ボトルVerと比べて、泡のきめ細やかさとまろやかさが強く出ていていくらでも飲めそうです(笑)

 

まだプリムスを飲んだことの無いひとは、機会があればぜひ訪れてみては??

 

<Information>

東京ビアパラダイス八重洲

住所
▶東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 B1F

交通アクセス
▶JR 東京駅 八重洲南口 徒歩8分

営業時間
▶月曜日~金曜日 11:00-15:00 16:00-23:00
▶土曜日     11:00-15:00 16:00-21:00

休業日
▶日曜日・祝日

※2021年1月から緊急事態宣言のため、夜は19:00ラストオーダー20:00終業になっています。

公式HPでチェック!

プリムスの故郷:ベルギー首都ブリュッセル北東の小さな町へ

ベルギーの首都「ブリュッセル」から電車で1時間ちょっと。

 

北東にあるのどかな町「ハーヒト」に到着します。

人口1万5000人程度の小さな町ハーヒトは、ハーヒト駅から降りて目の前にあるプリムスの醸造所が旅のメインになりますが

 

実は正確に言うと醸造所の所在地は「ハーヒト」ではなく隣の「ボールツメールベーク」

 

ROCK
地図で見ると境界線ギリギリのところに建っています(笑)

 

本来「ボールツメールベーク」の観光名所を紹介するべきところですが、本サイトではハーヒトをピックアップしようと思います。

 

ブランドにあしらわれていますしね(笑)

 

ハーヒトは小さな町です。

 

せっかくの片田舎、醸造所だけでなく少し周辺を散歩してみるのがオススメです。

 

ここでは、ハーヒトでオススメする観光スポットを挙げていきます👇

ハーヒトの観光名所

■ 自然公園の美しさなら👇

【Heerlyckheid van Roost】【Arboretum Wespelaar】

街並みをサイクリング】【Sint-Remigiuskerk】

ハーヒト駅からいずれも遠いので、時間に余裕をもって探検してみてください。

 

ROCK
片田舎をみてまわるのは貴重な機会ですね

TIPS:ベルギーの基本情報

国名:ベルギー王国

首都:ブリュッセル

言語:オランダ語・フランス語・ドイツ語

人口:約1,150万人(2019年)

宗教:キリスト教(カトリックが7割程度)

日本から直通便:ブリュッセルが結んでいる

通貨:ユーロ€(1€=平均120円前後)

日本との時差:8時間差(日本が12時なら白が明け方4時~)

1898年創業の家族経営醸造所【ハーヒト醸造所】の歴史

プリムスブランドを立ち上げた醸造所「ハーヒト醸造所」ですが、創業当時はプリムスを作ってはいませんでした(プリムスの登場は1974年)

 

ハーヒト醸造所は、現在の場所(ボールメールベーク)に「メルケライファンヘクト」という乳業会社があったことから歴史ははじまります。


参照画像:ハーヒト醸造所HPから

創業者の「ユージーン・デロ」はメルケライファンヘクトで発酵エンジニアとして働いていたことから、会社内でビール醸造の開発生産をおこなっていました。

 

そうして1898年の6月、ユージーンが生み出したビールはボールツメールベークで初めてのビールでありながら、その味の良さから会社を代表する主力事業に成長していくことに。


参照画像:ハーヒト醸造所HPから

1913年にはHaacht Creamery&Breweryという社名でベルギーに知られる醸造所になっていきます。

 

時が経ち経済も技術も進歩していくなか、創業者のユージーンは1951年に義理の息子のアルフレッドファンデルケレンに社長の座を譲ります。


参照画像:ハーヒト醸造所HPから

アルフレッドは就任後のわずか1968年で急逝しますが、彼の代で積極的に小規模のビール醸造所を買収し販路と取り扱い製品を広げるなど規模が大きくなっていきます。

 

現在では、ベルギーのピルスナー市場において国内No3の規模を誇る醸造所になったハーヒト醸造所。

 

今回ご紹介したプリムスですが、ブランド名はかつてベルギーに存在したブラバンド公国の領主【Jan Primus】(13世紀頃)から名前をとっています。

 

ROCK
彼は13世紀に領地のビール醸造家に対して優遇してくれたエピソードがあります

 

<Information>

公式HP

プリムス以外にも多彩なブランドを多数所有するハーヒト醸造所

ハーヒト醸造所では、今回ご紹介したピルスナー「プリムス」以外にも多くのラインナップを用意しています。

その他ラインナップ


■ チャールズクイント シリーズ

スーパー8     シリーズ

■ トンゲルロー   シリーズ

■ ミスティックチェリー などなど・・・

抱えているブランドが豊富なため、見つけたら試してみたいもの。

 

他ブランドはいずれもユーラシアトレーディングで購入可能です。

 

今回紹介している東京駅八重洲口にあるPub「ビアパラダイス」に樽生で置いてありますので、プリムスといっしょに楽しんでみては?

 

ユーラシア公式HPでチェックしてみる

 

 

プリムスのレビュー まとめ

こんな方におすすめ

  • ラガータイプで旨味やコクを重視するひと
  • ベルギービールに興味があるひと
  • 炭酸の刺激こそ「ビール!」と思えるひと

こんなシチュエーションで

  • 食事前の一杯に
  • クラシックを聴きながら
  • 一息つきたいとき

ベルギーのピルスナーではコクのあるブランドである「プリムス」

 

たまには、日本の大衆ビールを離れてベルギーのピルスナービールを楽しんでみては??

 

-ベルギー, ヨーロッパ

© 2021 ファウンドビア! ビールで巡る世界旅行 Powered by AFFINGER5